アスペルガー社会人のBlog

<   2008年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

見られているという意識の希薄さ

自分は「人から見られている」という意識が希薄だ。

今日は、何も考えず手元にあった眼鏡をして出かけてしまった。
帰ってきて鏡を見たところ、眼鏡が服装と不釣合いなことに気付いた。
目つきが非常に悪く見えるのだ。
びっくりして別の眼鏡をかけてみたところ、よく服装と似合っていた。
出かける前に鏡で他者から見える自分をチェックしなければいけなかった。

立ち居振る舞いにしろ、服装や眼鏡にしろ、
常に「人から見られている」ことを意識して確認しなければならない、と痛感した。
[PR]
by abcde354 | 2008-06-29 23:40 | 自己分析 | Trackback | Comments(8)

半年経って初めて理解する

前の上司との会話がフラッシュバックした。
そして、前の上司がして欲しかったことを半年経って初めて理解した。
しかし、今から謝っても定型の前の上司はもはや会話自体を覚えていない気がしている。
さて、どう行動すべきだろうか。


以下、フラッシュバックした会話。

<1日目>
(ツールの使い方を説明していて)
上司:「BackSpaceキーを押しても、一文字deleteしてくれないよ。」
とうふ:「変ですね。とうふの端末では出来るのに。
     でも、Ctrl+Cを押して次の行に打ち直せば同じ事になりますよ。」

<2日目>
(同じツールを使おうとして)
上司:「どうして一文字deleteがこの端末では出来ないのだろう?」
とうふ:「どうしてでしょうね?
     でもCtrl+Cを押して次の行に打ち直せば同じ事になりますよ。」

<3日目>
(同じツールを使おうとして)
上司:「相変わらず一文字deleteがこの端末では出来ないなぁ」
とうふ:「本当ですね。
     Ctrl+Cを押して次の行に打ち直すしかないですね。」


上司は『自端末で「一文字deleteする方法」をとうふに調査して欲しかったのではないか』
と今日になって理解した。
相手の感情を考えられなかったことを大変申し訳なく思っているのだが、
今更ながら申し訳ない気持ちをどう伝えたらいいのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2008-06-27 01:26 | 自己分析 | Trackback | Comments(12)

IT業界で闘う“アスピーズ” アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状”

『IT業界で闘う“アスピーズ”  
アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状”』


上記の記事をみつけた。

個人的には4頁目の
「高機能自閉症/アスペルガー症候群を抱える人に適した能力別職業リスト」
が大変気になった。
鵜呑みにするのは良くないが、自分に当てはまるところも多く、参考になった。

また、7頁目にはカミングアウト問題も取り上げられている。
先進的な組織で働く人間でない限り、
カミングアウトは時期尚早ということになるのだろうか。


少々長文で、言及されている範囲も多岐に及ぶので、見出しだけ示しておきたい。

1.超人的な記憶力を持つものの、くだらない冗談が理解できない
2.医学界でも見解が分かれる、アスペルガー症候群の定義
3.アスペルガー症候群とIT業界の深い関係とは
4.些細なことがネックにアスピーズの就職事情
5.ニュートンもアインシュタインも……天才、偉人とアスピーズ
6.問題が表面化しづらい?進まないアスピーズ支援
7.アスペルガー症候群は「疾患」か?カミングアウトの葛藤
8.アスピーズが切望するよりよい職場環境とは
9.日本国内におけるアスピーズ支援はスタート地点に立ったばかり


『IT業界で闘う“アスピーズ”  
アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状”』

[PR]
by abcde354 | 2008-06-26 23:18 | 話題 | Trackback | Comments(4)

コミュニケーション能力を高めるには?

「聞く・話す」といったコミュニケーション能力を高めなければいけないと思い、
職場の飲み会に参加してみた。
しかし、不適切なタイミングで話しかけてしまうだけで
コミュニケーションの苦手さを再認識しただけだった。

職場の飲み会はコミュニケーション上手が話をする場であって、
コミュニケーション下手の能力向上には役立たない気がした。

アスペルガー当事者の方々、
コミュニケーション能力向上のために取り組まれていることはありますか?
支援者の皆様、
アスペルガーはコミュニケーション能力向上のために何から始めたら良いのでしょう?
[PR]
by abcde354 | 2008-06-25 22:08 | 社会適応 | Trackback | Comments(12)

質問に対して答えていない

またやってしまった。「質問に対して答えていない」を。

今日の場合、質問に対して答えようとしているのだが、
途中でどんどん話が逸れていってしまった。

いつも会っている人に対して、「質問に対して答えていない」は発生しにくいようだ。
一方で、初対面の人に対しては「質問に対して答えていない」が極めて発生しやすい。

明日も初対面の人とお会いする。
「質問に対して答えていない」をしないよう
質問が分からなければ聞き返すことを徹底しなければいけない、と感じた。
[PR]
by abcde354 | 2008-06-22 20:34 | 自己分析 | Trackback | Comments(10)

『私はもう逃げない 自閉症の弟から教えられたこと』 島田律子

自閉症とはどのような障害なのか、その家族にはどんなことが起きるのか。
自閉症の弟を持つ姉の視点から、家族の30年間の歴史を描いている。

著者ご自身の感情が赤裸々に書かれているので、
自閉症が周囲からどう見られているのか、大変勉強になった。
ここに出てくる自閉症の弟さんはカナータイプであるが、
アスペルガーに当てはまる面もかなりあるように思う。

私はもう逃げない―自閉症の弟から教えられたこと (講談社文庫 し 83-1)
島田 律子

406276024X
講談社 2008-04-15
売り上げランキング : 73720
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2008-06-21 01:05 | 読書 | Trackback | Comments(0)

呼びかけられた時に振り向くこと

「とうふさん」と呼びかけられた時、振り向いていないことに気が付いた。
特に後方から声をかけられた時、振り向いていないことに気が付いた。

定型はどんな忙しくても手を止めて相手の方を振り向くようだ。
そして振り向かない人について、"横柄な態度を取る"と感じるようだ。

「にこっと笑って振り向く」、意識していかねばいけないと思った。
[PR]
by abcde354 | 2008-06-16 22:33 | 自己分析 | Trackback | Comments(10)

他者の行動に突っ込みを入れること

ため息をついた同僚に対し、他の同僚が「疲れているね?」と突っ込んだ。
それを契機に、会話が大変盛り上がった。

その行動をみていてふと気がついた。

自分は他者の行動に対して突っ込みを入れられない。
行動に対して
突っ込んでよいタイミングとスルーしなければいけないタイミングがあるようだが、
「今」がどちらのタイミングだか読めないのだ。

突っ込んでもよいタイミングには、何かシグナルが出ているのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2008-06-13 00:25 | 社会適応 | Trackback | Comments(9)

御礼「Blog2周年」

お陰様でこのBlogをはじめてから2年が経ちました。
2年続けられたのもひとえに御覧頂いている皆様のお陰です。
本当に有難うございます。
そしてこの1年も本当に沢山のコメントを頂きました。
コメント1つ1つが大変勉強になっております。
この場を借りて御礼申し上げます。

この1年を振り返ると、
仕事で新しい上司(=前の上司)とのプロジェクトを成功裡に終わらせることが出来ました。
成功の要因としては前の上司が大変出来た人であったことが挙げられますが、
このBlogを通じて自分が他者との接し方を学べたことも大きかったと思っています。
皆様には大変お世話になりました。

アスペルガー症候群と診断を受けて2年、今も毎日が勉強の日々です。
今後も勉強の中で気付いたことを記事にしていきたいと考えております。
少しでも皆様のお役に立てば大変嬉しいです。

今後ともどうかよろしくお願い致します。
[PR]
by abcde354 | 2008-06-09 00:15 | 御礼 | Trackback | Comments(12)

興味関心の幅が狭いこと

職場で新人歓迎会があったのだが、今回も話題についていけなかった。

今回話題になったのは、好きなドラマ。
『東京ラブストーリー』やら『ロングバケーション』やらで周りは盛り上がっていたが、
恋愛ドラマをほとんど見ない自分は話題に全くついていけなかった。

では、自分が好きなドラマはと言われると、経済モノがほとんど。
『ハゲタカ』とか『銀行 男たちのサバイバル』とか、そんなものになってしまう。
少々話題に出してみたが、そんなドラマは誰も知らなかった。

今からでも時代を代表するドラマの内容は勉強しておくべきなのだろうか。
興味関心の幅の狭さはアスペルガー故のことと諦めて、
興味関心のない話題でも上手くやり過ごす方法を身につけたほうがよいのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2008-06-05 01:10 | 社会適応 | Trackback | Comments(18)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索