アスペルガー社会人のBlog

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

定型には最初に全体像を説明すること

定型の後輩と一緒に仕事をしていたのだが終わらず、
今週一週間ずっと午前様になってしまった。

今日でようやく仕事にきりがついたので、
後輩に何がやりにくかったか聞いてみたところ、
「仕事の全体像が把握できなかったのがやりにくかった。」
との答えが返ってきた。

アスペルガーでも自分はセントラルコヒーレンスが弱く、
部分しか見ることが出来ないから、
部分部分を都度都度説明してもらったほうがいい。
しかし定型は、まず全体像を把握したいのか、と気づいた。

その定型の後輩とはもう1案件一緒にこなすことになったので、
ならべく次の案件の全体像を説明するように心がけてみた。
すると、定型の後輩は早速日程を細分化し、
「火曜日にはお客様レビュー通過しないといけないですね」
「金曜日にはテストに入らなければいけませんね」
と自分で計画を立て始め、自発的に残業をしはじめた。

定型には全体像をまず説明すること、
絶対に心がけなければいけないと痛感した。

率直にやりにくさを話してくれた後輩には本当に感謝している。
[PR]
by abcde354 | 2010-06-26 01:16 | 社会適応 | Trackback | Comments(19)

exciteから記事内広告表示のお知らせ

このブログをお借りしているexciteから、
2010年7月以後、
記事内に広告表示するとのお知らせがありました。
今後は記事下部に広告が入りますが、
筆者の意思とは無関係ですので、
不用意なクリックをなさらないようお願い致します。

詳しくはこちらを御覧ください。
エキサイトブログ向上委員会「7月からの記事内広告表示に関するお知らせ」
[PR]
by abcde354 | 2010-06-21 00:20 | 連絡 | Trackback | Comments(0)

会話でパニック

数日前に飲み会があった。
その席で同僚と差し迫った仕事の話をしていたところ、
新しく着任した今の上司の上司が口を挟んできた。

「飲み会の席で仕事の話をしちゃだめだよ。
うん、仕事の話はダメダメ。
・・・
で、仕事で何があったの?」

自分はパニックになってしまった。
仕事の話をしてはいけないと言った直後に仕事の話をせよ、
とはどういうことだ?と思ったわけだ。

自分は混乱で押し黙ってしまい、会話はそれで終わった。
ただ、自分はどう返せば良かったのかいまだに分からずにいる。
素直に仕事の話を返して良かったのだろうか。

定型の会話は本当に難しい。
[PR]
by abcde354 | 2010-06-13 20:20 | 自己分析 | Trackback | Comments(18)

周囲に助けられているという感覚

周囲に助けられている、という感覚を持てるようになったのは、
数年前からだったような気がする。

それまでは、助けられている、フォローしてもらっている、
という感覚は一切もてなかった。
自分はこれだけ頑張っているのになぜ?という感覚で、
毎日のように内心キレテいた。

しかし、アスペルガーと分かってしばらくして、
周囲が自分のミスをフォローしてくれていると気づけるようになった。
特に自分はADHDの注意散漫もあるのだが、
ケアレスミスを周囲が気づいてくれた時、
自分のふがいなさにイライラするのではなく、
素直に周囲に有難うといえるようになった。

自分もアスペルガーの特徴である
「深く狭い視野」の持ち主であることは承知している。
しかし、時と共に少しは広い視野を持ち、
周囲に助けられているという感覚を
持てるようになってきたのかな、と感じる。

今後も周囲に助けられているということを常に忘れずに、
感謝の気持ちを持って周囲に接していきたいと思う。
[PR]
by abcde354 | 2010-06-12 00:01 | 自己分析 | Trackback | Comments(10)

御礼「Blog4周年」

お陰様でこのBlogをはじめてから4年が経ちました。
4年続けられたのもひとえに御覧頂いている皆様のお陰です。
本当に有難うございます。

この1年を振り返ると、
アスペルガー傾向を感じる同僚に出会ったことが最大の出来事と思います。
同僚に自分の欠点と同じものを感じてイラついたこともありましたが、
同僚を通じてアスペルガーをみることで、
アスペルガーに対する理解が深まったように感じます。

同僚への接し方については沢山のアドバイスを頂きました。
皆様のアドバイスがあってこそイライラを乗り越えられたと思っています。
その節はどうも有り難うございました。

次の一年も、自分をみつめ、周囲をみつめ、
アスペルガーの特性を勉強し、定型の特性を勉強し、
アスペルガーが社会適応する方法を考えていきたいと思っています。

記事が皆様に少しでもお役に立てば幸いです。
これからもどうかよろしくお願い致します。
[PR]
by abcde354 | 2010-06-03 22:25 | 御礼 | Trackback | Comments(12)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索