アスペルガー社会人のBlog

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Twitterはじめました

「定型はトイレに一緒に行って何をしているのか」
に沢山のコメント有難うございました。
今回特に印象に残ったのは、以下のコメントでした。
「言いたくない聞かれたくない様なことが話題になったりするのを
誰かと一緒にいることで回避したりできる場合があります」
何らかの効用があるから一緒にトイレに行くのだろうと思っていましたが、
誰かと一緒にいることで自分に不都合な話題を回避できるのですね。
無理のない範囲で一緒にいることを心がけてみようと思いました。
本当に有難うございました。

---------------------------------------------------
『小さなお店のツイッター繁盛論 お客様との絆を生む140文字の力』
という本に触発されて、Twitterをはじめてみました。
http://twitter.com/toufu_abcde354 です。

Twitterではアスペルガー以外の話題もつぶやいてみようと思います。
ご興味ありましたらフォローください。よろしくお願い致します。
[PR]
by abcde354 | 2010-10-30 15:21 | 連絡 | Trackback | Comments(2)

定型はトイレに一緒に行って何をしているのか

「定型の『言いたい事は言いなさい』の意味」に
沢山のコメント有難うございました。
様々な視点からのコメントを頂き、大変勉強になりました。
まだ考えがまとまっておりませんが、
考えがまとまりましたら改めて記事にしたいと思います。

---------------------------------------------------
先日職場で飲み会があったのですが、
定型女性の一人がトイレに行くと、
必ず便乗してついていく別の定型女性がいました。

そういう光景は過去にも見たことあったな、
割と定型女性に見られる一般的な行動だなと思ったのですが、
定型女性達は一緒にトイレに行って何をしているのでしょうか?

コソコソ何かしている行動は、
アスペルガーの自分から見ると非常に不愉快になります。
[PR]
by abcde354 | 2010-10-25 00:27 | 社会適応 | Trackback | Comments(13)

定型の「言いたい事は言いなさい」の意味

御礼「45万アクセス」へコメント有難うございました。
皆様のコメントはブログを続ける推進力になります。
こちらこそ今後ともよろしくお願い致します。

-------------------------------------------------
「自分の向き不向きを見つけるには何をしたら良いのか」
で取り上げた部長との話の続きである。

部長は、話の中でこのようなことも言っていた。
「言いたい事をもっと言いなさい」
「上司とは友達感覚で良い」

自分は、部長の言葉の意味が取れずいまだに混乱している。
上記の言葉を字義通りに受け取って行動したら
「マナーがなっていない」「扱いずらい奴」といった
ネガティブな捉え方をされるのは目に見えている。

とはいえ、今の自分に何かが欠けていると感じて
部長は上記の指摘をしてきたのだろう。

部長はどういう意図で「言いたい事は言え」と言ってきたのだろうか。


まぁ、今の上司は独裁が好きな人だから、
部長が何と言おうとも
「言いたい事は一切言わない方がいい」と
個人的には思っている。
[PR]
by abcde354 | 2010-10-20 23:58 | 社会適応 | Trackback | Comments(14)

御礼「45万アクセス」

「自分の向き不向きを見つけるには何をしたら良いのか」
にコメント有難うございました。
わがままではなく適性の問題で、
マネジメントを避けたいと言っていると理解いただくこと、
大変重要な問題だと感じました。
部長は「わがまま」だと感じている気がするので、
今後の話のもっていき方を余程考えねばいけないと感じています。

「適性のない分野の仕事を穏便に避けさせてもらう方法」
を考えることは、他のアスペルガーにとっても重要だと思いますので、
今後とも折に触れて考えていきたいと思います。

-----------------------------------------------------------
今日、アクセス数が45万を突破しておりました。
これもひとえに読者の皆様のお陰です。
本当に有難うございます。

一日一日の積み重ねでこの数字を達成できたこと、
自分にとっては本当に自信になっています。

このブログをはじめてから、
アスペルガーの想像力欠如で見通しの立てにくい自分も
積み重ねの重要性を理解出来るようになりました。
すぐに結果が出ないことでも
努力できるようになりつつあると感じます。

今後もこのブログを通じて、
読者の皆様と共に成長していきたいと思っております。
今後ともよろしくお願い致します。
[PR]
by abcde354 | 2010-10-17 23:53 | 御礼 | Trackback | Comments(2)

自分の向き不向きを見つけるには何をしたら良いのか

「不自然な気遣い?」に沢山のコメント有難うございました。
A案件のリーダーにB案件という言葉を出してしまったのが
誤解の原因になったのかと分かり、大変勉強になりました。
相手に無関係な言葉は口に出さないよう気をつけます。

B案件のリーダーが翌日質問してきたのは、
稼動を気にしてのことだと理解しています。
「B案件は予算超過なのでとうふはならべく手伝うな」
と上司から注意受けていて
B案件のリーダーはかなりその事を気にされていました。
そこで稼動はA案件だと分かり了解されたのだと思います。

-----------------------------------------------------------------
部長とまたマネジメントの話になった。
「マネジメントは不向きだから避けたい」と改めて申し上げた所、
「ならば、自分の向いていることを探すように」と指示を受けた。

「自分の向いていること探せ」と言われて大変困った。
自分はシステムエンジニアしかやったことがないから、
正直、何の職種が向いているのか分からないのだ。

というか、自分の問題は職種ではないような気がする。
前の上司のように、自分の
・社会性に欠ける部分
・視野の狭い部分
・コミュニケーションが不得意な部分
などを補ってくださる方と一緒だと仕事が捗る。
単に、自分のあからさま過ぎる短所を許容して、
上手く使ってくださる方と出会えるか、
それだけの問題という気がしている。

人の相性の問題に終始出来るということは、
システムエンジニアには適性があるということなのか。
しかし、いつまでもエンジニアではいられないことを考えると
システムエンジニアも向いていないといえるのだろう。

自分の向き不向きは何をしたら分かるのか。
アスペルガーな自分は想像力に障害があり、
想像で向き不向きを判断するのが苦しいから、非常に困っている。
[PR]
by abcde354 | 2010-10-13 01:13 | 社会適応 | Trackback | Comments(5)

不自然な気遣い?

自分は今仕事でA案件とB案件の2つに関わっているのだが、
先日こんなことがあった。

A案件のリーダーが忙しそうに残業していた。
B案件のメンバーも期限間近の仕事があり残業していた。

自分はA案件のリーダーが大変そうな様子だったので手伝っていた。
その時、A案件のリーダーが残業大丈夫かと聞いてきたので、
「B案件のメンバーも残っているし、残業構わない」と言って手伝っていた。

そうしたところ、翌日B案件のリーダーとこのような話になった。

<B案件リーダー>
B案件のメンバーの残業を理由に
とうふさんも残業していたと聞いたけれど本当か。
<自分>
A案件のリーダーにはそう言った。
なぜなら気遣いする人だから。
稼動時間詳細はA案件につけるのでB案件は大丈夫だ。
<B案件リーダー>
周りはとうふさんがB案件の為に残業していると思っているが、
稼働時間はA案件につけるという矛盾が生じる。難しい話だ。
取りあえず気持ちは分かったので、了解した。

自分は不自然な気遣いをしてしまったのか、と気になっている。
A案件リーダーの問いかけに対し、
「あなたが大変そうだから手伝っている」と
ストレートに言ってしまったほうが良かったのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2010-10-10 22:15 | 社会適応 | Trackback | Comments(8)

感動の演技の根底には美しい言葉があった

2週間ぶりの更新になってしまいました。
「「お土産は頂いたらすぐ食べる」という心遣い」
に沢山のコメント有難うございました。
お土産を「すぐ食べる」は100%実践しなくても良いことを知り、
大変勉強になりました。
時と場所に応じて、「すぐ食べる」を実践していきたいと思います。
----------------------------------------------------

フィギュアスケートの鈴木明子選手が
Twitterをやっていると知り、拝見してみた。

美しく、温かく、心洗われる言葉ばかりが並んでいて、驚いた。

鈴木明子選手といえども人間だから、
辛いこと悔しいこと悲しいことあるに違いない。
しかし、Twitter上に紡がれていた言葉は、
人を励まし、勇気付け、温かくする言葉だけだった。

鈴木明子選手の演技にはいつももらい泣きしてしまうのだが、
人を感動させる演技の根底には美しい言葉があるのだと知り、
大変勉強になった。
そして自分も人に感動を与えられるよう、
美しい言葉を紡いでいきたいと思わずにはいられなかった。

※鈴木明子選手のTwitterですが、
 公にしているものではないようなので、URLは差し控えます。

※鈴木明子選手に関するこのBlogの過去記事
 「鈴木明子選手、感動と勇気を有難う」 
[PR]
by abcde354 | 2010-10-08 23:44 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索