アスペルガー社会人のBlog

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

管理職な上司の仕事を手伝う日々

風邪をひいてしまい、久々の更新になってしまいました。
大変流行しているようですので、皆様もどうかお気をつけください。

また、大雪、鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火など
自然災害で大変なことになっている地域の皆様、お見舞い申し上げます。
自分などには想像を絶する世界ですが、どうか生き延びてください。

さて、「年老いてもアスペルガーが社会貢献出来る分野は何か」
に対してコメント有難うございました。
今回は様々な方向性のコメントを頂いたと感じています。
方向性が一方向にまとまっていないということは、
大人のアスペルガーにとって
今後解決していかねばいけないテーマと強く感じました。

最近ですが、管理職な上司の仕事量が許容量を越えてしまい
自分が手伝ざるをえなくなっていました。
自分にチームメンバーの機嫌を取る動きは難しいので
上司が作成すべき書類の作成を手伝っていました。

上司の仕事を手伝う中で感じたのは
アスペルガーの想像力欠如は経験で補うしかなさそうだということです。
上司の仕事を手伝う中で、管理職の孤独を感じました。
チームの浮沈を決める大きな事を一人で決断する孤独と難しさ、
その反面、想像以上の成果が出たときの楽しさを感じられたのは
上司の仕事を手伝った大きな収穫でした。
今後は以前よりは上司の感情を考えた動きが出来そうです。

2月からは従来の仕事に加えて
新しい仕事にも取り組むことが決まりました。
新しい上司や同僚との関わりの中で、
今回の経験を生かしていきたいと思っています。
少しでも成長した姿を皆様にお見せできたら嬉しいです。
[PR]
by abcde354 | 2011-01-30 23:01 | ひとり言 | Trackback | Comments(3)

年老いてもアスペルガーが社会貢献出来る分野は何か

「苦手を避けるのはよくないことか」に頂いたコメントを拝見していて
アスペルガーの社会貢献について考えてしまった。

コメント頂いたとおり、アスペルガーは定型と違い
年齢を重ねることによる人間関係スキルの向上によって
組織に貢献し続けようとすることは出来ない。
人間関係スキルだけ見れば、
アスペルガーな自分よりも
5年年下の定型後輩のほうが優れていることは明らかだ。

しかし、アスペルガーも定型と同じく、
体力・気力・集中力は年齢を重ねる毎に低下していく。
自分もここ数年過集中モードに入れず、
新しい物事の習得に時間がかかるようになった。

年老いてもアスペルガーが社会貢献できる分野は何なのだろうか。
最近の自分はアスペルガーが社会貢献し続けられる分野がわからずに、
勉強すべき分野を絞れず迷いに迷っているのだと気がついた。
[PR]
by abcde354 | 2011-01-16 00:25 | 社会適応 | Trackback | Comments(9)

アスペルガーでも出来る「伊達直人」運動

タイガーマスクの主人公「伊達直人」を名乗った
寄付運動が流行っていると報道で知りました。
ランドセルをはじめ、
文房具や食料品まで寄付されているそうですね。

そこで、アスペルガーで生活力の劣る自分でも
出来る寄付はないかと調べてみたところ、
以下のサイトをみつけました。

クリックで救える命がある。

2000年に開設されて10年の歴史をもつというこのサイト、
クリックするだけで募金が出来ます。
クリック数に応じて、企業が募金をしてくれるのです。
早速自分も募金してみましたが、
名前を名乗る必要も、書き込みする必要もありませんでした。

皆様も寄付をやってみませんか。

※自分はこのサイトと何も関係ありません。
[PR]
by abcde354 | 2011-01-12 23:46 | 話題 | Trackback | Comments(4)

アスペルガーの確定診断を受けにいくべきか迷った場合

アスペルガーの確定診断を受けるか迷っている、
というコメントを頂きました。

確定診断を受けたほうが良いかは、
「日常生活に困っているか」
で判断して頂くと良いかと思います。
何故なら、アスペルガーの診断基準のひとつに
「日常生活に困っているか」があるからです。
アスペルガーの特徴を兼ね備えていたとしても、
社会適応できている場合は診断には至らないためです。

では「日常生活に困っている場合」とは、
どのような場合を指すのでしょうか。
大人の場合であれば、
・就労に困難をきたしている場合
・鬱や気分障害といったメンタルに問題がある場合
といった場合が分かりやすいかと思います。
上記のような場合は支援が必要ですので、
「日常生活に困っている場合」となります。


アスペルガーの確定診断を受けたという事実だけで、
人生が大きく変化することはありません。
確定診断後も確定診断前と同じ生き方をしている場合は
確定診断前後で何も変わらないでしょう。

ただ、自分の場合は確定診断を受けたことにより、
・アスペルガーの特徴を勉強することに迷いがなくなった
・主治医や支援者の方々の意見に耳を傾けられるようになった
といった心境の変化がありました。
その「心境の変化」により人生は大きく変わったと思います。
前の上司のような自分と異なる視点からアドバイスくださる方に感謝し、
アドバイスを実践してみようという気持ちになれたのは、
アスペルガーの確定診断ゆえだと思っています。

アスペルガーの確定診断を受けるかどうかのご参考になれば幸いです。
[PR]
by abcde354 | 2011-01-06 23:27 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

あけましておめでとうございます

新年3日、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
今年の目標は立てられましたでしょうか。

個人的には今年の目標は2つございます。
1.ブログを定期的に更新する
2.前のプロジェクトを乗り越える

次のステージに飛躍するために、
リアルに関わらずブログ更新できる強さを身につけ、
前のプロジェクトを乗り越えていきたいと思っています。

神田昌典氏の『非常識な成功法則』によると、
目標は「紙に書く」と実現しやすいそうです。
自分も今年は目標を紙に書いてみようと思っています。

今年もよろしくお願い致します。
[PR]
by abcde354 | 2011-01-03 22:28 | ひとり言 | Trackback | Comments(1)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索