アスペルガー社会人のBlog

<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

不公平な世の中をアスペルガーはどう生き抜くか

今、チームで英才教育を受けているメンバーがいる。
上司から目をかけられているメンバーで、
お客様から依頼された仕事は一切せずに
現行システムをひたすら覚えているのだ。

管理職になる人間はそうやって育てられていくのか、
と思わずにいられなかった。

何故ならば、
自分は業務中はお客様から依頼された仕事をこなしつつ
現行システムを業務時間外の時間を利用して覚えたからだ。

現行システム理解は中心メンバーになるために絶対に必要な作業。
ただ、多くのメンバーは業務時間中に現行システム理解を行う時間がなく、
そのため中心メンバーになれないでいるのだ。
しかし、そのメンバーは業務時間中に堂々と現行システム理解をしている。
業務時間中に現行システム理解が出来れば、
業務時間外は別の勉強にあてることが出来るのだ。

英才教育の現場を見て、世間の不公平を改めて感じずにはいられなかった。
そして、他者から目をかけてもらえることはほとんどない
アスペルガーの生き抜き方を考えずにいられなかった。
[PR]
by abcde354 | 2012-05-28 00:48 | ひとり言 | Trackback | Comments(7)

全て前の上司に教えて頂いたことだった

ビジネスメールの書き方研修に参加した。

研修内容のうち、メールの「型」はほぼ実践出来ていた。
何故実践出来ていたかというと、
「前の上司から教えて頂いたことだった」からだ。

・タイトル(件名)は命です
・結論を最初に書きなさい
・文章は短く区切りなさい(50文字以内が良い)
・自然改行にならないよう適宜改行いれなさい(35文字が改行の目安)
・主語を省かないようにしなさい
・箇条書きを有効活用しなさい

このような「型」が身につくまで
前の上司は繰り返し丁寧に書き方を教えてくださった。

前の上司には感謝してもしきれない。
本当に素晴らしい方と仕事出来たのだなと改めて思った。
[PR]
by abcde354 | 2012-05-25 01:47 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

御礼「70万アクセス&ブログ6周年」

昨日本ブログのアクセス数が70万を突破いたしました。
(※アクセス数=ユニークアクセス)
また、本ブログは明日で7年目に入ります。

アスペルガーというマイナーな話題を扱ったブログを
長きにわたり、多くの方にご覧頂けていることを大変嬉しく思っております。
そして、少しでも皆様に役立つ記事を配信したいと
改めて気を引き締めた次第です。

今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by abcde354 | 2012-05-20 21:26 | 御礼 | Trackback | Comments(1)

NHK総合「ただイマ!」発達障害特集

今日放送のNHK「ただイマ!」発達障害特集を拝見した。
生育暦でしか診断できなかったアスペルガーが
視線の動きや血液検査で診断可能になる、
大変画期的だし今後有効だろうと思う。
ただ、「診断された後どうしたらいいの?」が皆無だったのが残念だった。

番組の最後に人間像の話が出てきたが、
アスペルガーを受け入れる社会になって欲しいと自分も思う。
しかし今現在、アスペルガーは確実に排除されているのだ。
排除されている社会の中でいかにアスペルガーは生き抜けば良いのか、
そのヒントがなければ診断されても当事者は希望をもてない。
ただアスペルガーとレッテルを貼られて放り出されるのでは迷惑なだけだ。

次にアスペルガー特集をするメディアには、
是非アスペルガー診断後の生き抜き方にもスポットを当ててほしいと思う。

NHK「ただイマ!」発達障害特集
[PR]
by abcde354 | 2012-05-18 23:32 | 話題 | Trackback | Comments(7)

『マンガ版 親子アスペルガー』 兼田 絢未

本書は、アスペルガーである著者が
アスペルガーならではのエピソードを集めて漫画にした本。

本書のよさは「とにかく具体的」なところだろう。

例えば、字義通りに言葉を受け取ってしまう特性は
”診察で「何の力にもなってあげられないかもしれない」とお医者様から言われ
「力になれないから頼られても困ります」という意味に受け取ってしまった。
お医者様の意味は「力不足かもしれないが力になりたい」だと後で知った”
といった具合に説明されている。
アスペルガー思考が手に取るように分かる。

絵も可愛く、明るく描かれているので障害本の重さがない。
アスペルガー当事者は勿論、
支援者の方やアスペルガーのお子さんをお持ちの定型の親御さんにも
楽しく読める本だと感じている。

マンガ版 親子アスペルガー: 子育て・学校生活 トラブルな毎日
兼田 絢未 松鳥 むう

4772610588
合同出版 2012-03-30
売り上げランキング : 16942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2012-05-17 22:04 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人』 ハーブ エッカー

アスペルガーでお金に縁のある人は少ない。
かくいう自分も縁のあるほうではないので、
どうしたらお金に縁がもてるのか知りたくて手にした。

本書にはお金持ちになるための思考が17個載っている。
どれも身につけるべき思考だろうが、
自分が特に重要だと感じたのは以下2つだ。

1.提供した価値に対する対価はしっかり、相手に感謝が分かるように受け取る
2.お金持ちになる秘訣は、「不労所得による収入>支出」

特に、アスペルガーは対価の受け取りが下手だと感じる。
アスペルガーは幼少期から自己を否定されてきた場合が多く、
自分を無価値だと感じるからだろう。
しかし、対価は渋々ではなくしっかりと笑顔で受け取るべきだと本書は説く。
確かに、例えば相手をお招きしようとして
笑顔で有難うといわれるのと嫌々な顔されるのとでは
どちらが良いかは明白だろう。

思考を変えるのにお金はかからない。
そして思考が変われば行動が変わる。
思考を変えるために自分も努力していきたいと思う。

ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」 (知的生きかた文庫)
ハーブ エッカー T.Harv Eker

4837977642
三笠書房 2009-01-20
売り上げランキング : 56038

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2012-05-16 16:30 | 読書 | Trackback | Comments(0)

アスペルガーにコンサルタント業務は出来るか

圧倒的な知識をもとに人に教えることならば、
アスペルガーでも出来ると聞いたことがある。

そうなると、アスペルガーであっても
コンサルタント業務ならば希望が持てる、
ということになるのだろうか。

プログラマーのような若年層のほうが有利な仕事を
いつまでも続けるわけにはいかない。
アスペルガーが仕事し続けるための道を
模索しなければいけないと痛切に感じている。
[PR]
by abcde354 | 2012-05-12 20:51 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

定型って役職を気にするのですね

職場で、近くの席の他社の方の役職を知らないか、と聞かれて驚いた。
確かに自分はその方と一緒に仕事をしているが、
役職など今まで気にしたことなく、気にする必要性もなかったからだ。

自分は役職に対して無頓着なのだろうとは思う。
最近、部下が出した損失の責任を取って降格した方がいるが、
自分はその方のことを尊敬し続けており、降格後の今でも時々やり取りしている。
一方、社長という役職であっても尊敬できない方には会釈以上のことはしない。
お世辞を使おうなどとは思ったこともない。

権力の座から引退した途端に付き合いがなくなったという人の話を読んだことがあるが、
定型は役職で付き合うからそうなるのだろうなと思った。

自分はこれからも役職に対して無頓着でいたいと思うが、
一方で定型が役職を気にすることも
定型と付き合う上では意識しておいたほうが良いだろうと思った今日だった。
[PR]
by abcde354 | 2012-05-08 22:23 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)

『忙しい人の即効!勉強術』 臼井 由妃

アスペルガーは資格などの肩書が救いになることがあるが、
本書は肩書を得るための勉強法を記している。

本書の特徴は、著者が30代後半になって勉強を始めたこと。
勉強法の本を読んでいると
「資格取得は35歳まで、以後は精神面の成長に注力すべし」
といった記述に出くわすが、
本書は35歳以上でも資格取得の勉強は有効で、
かつその資格をビジネスに生かせることが示されている。

具体的な勉強法としては、勉強する対象を見つける方法に始まり、
計画の立て方、時間捻出法、教材の選び方、試験直前期の過ごし方
といった資格取得のための一通りの流れを網羅している。

自分は2006年に本書を初読していたが、改めて読み返してみると
上手く資格取得できた時には本書の勉強方法を活用していたことが分かった。
今後も本書の勉強方法を活用して出来ることを増やしていきたい。

忙しい人の即効!勉強術
臼井 由妃

4883994309
すばる舎 2005-03
売り上げランキング : 253160

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2012-05-06 19:54 | 読書 | Trackback | Comments(0)

何歳になっても挑戦は遅くない

フィギュアスケート鈴木明子選手のインタビュー映像を見つけた。
鈴木明子選手といえば、摂食障害から復活して
バンクーバー五輪8位、2012年世界選手権では銅メダルを取った。

その鈴木明子選手は26歳の2011~2012シーズンに
3T-3Tの新しいコンビネーションジャンプを習得した。
普通ジャンプは20歳までに習得するという世界にあって、
26歳で新しいジャンプを習得したのは稀有な例だそうだ。

アスペルガーは脳の発達に遅れがあり、
新しいことへの挑戦も年齢より遅れがちになる感がある。
しかし、何歳になっても挑戦は遅くないことを
鈴木明子選手のインタビューで自分は知った。

もはや年齢より遅いと感じずに、自分も目標を定めて挑戦していきたい。

鈴木明子選手、有難うございます!そして頑張ってください!
[PR]
by abcde354 | 2012-05-05 02:25 | 社会適応 | Trackback | Comments(2)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索