アスペルガー社会人のBlog

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アスペルガーはどこまで「頑張らなくては」いけないのか

鬱で休職していた同僚(定型)が復職してきたのだが、同僚曰く
「仕事で疲れてしまって土日一日中寝ていた。こんなの初めて。」
自分はその言葉にびっくりしてしまった。
土日一日中寝ている、自分にとっては当たり前の日常だからだ。

アスペルガーな自分は、
職場での社会性を高めるため、4種類の薬を処方頂き、毎日飲んでいる。
そして平日は定型に合わせて仕事をし、土日はほぼ一日中寝ている。
最後に遊んだのは何年前だろう?という状況だ。

このように仕事以外は全て捨てて、
服薬によって寿命すら捨てているかもしれなくて、
でも昇進の見込みすらなくて、
自分は何をやっているのだろう?と思ってしまったのだ。

アスペルガーはどこまで頑張らなくてはいけないのだろう。
アスペルガーが「定型並みの給与」と「土日の楽しみ」
を両立させることのできる日は来るのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2012-09-23 18:42 | ひとり言 | Trackback | Comments(11)

目的意識と達成感が心に強い芯をつくる

「寺川綾の復活に見た一流と二流の間にあるもの 平井伯昌 勝てる人の思考法(4) 」
の一部をMore以下に引用する。

アスペルガーが世の中の少数派として生き抜いていくには
心に強い芯をつくる必要性を感じるが
下記文章は強い芯を作るために大いに参考に出来そうだ。
自分自身も「自分とは何か」をもう一度自問自答してみたい。

More
[PR]
by abcde354 | 2012-09-16 18:55 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)

上司と優先順位が違う

今の上司と優先順位が違うと知った。

自分の中での優先順位は
「仕事>社外の飲み会>社内の飲み会」だ。
しかし、上司の優先順位は
「社内の飲み会>仕事>社外の飲み会」のようだ、と知った。
だから今まで何年もぶつかってきたのだな、と気づいた。

前の上司は最初に優先順位をはっきりさせてくださった。
・残業は30H以内におさめましょう
・仕事>社内・社外の飲み会
だから空気を読めない自分でも安心して仕事出来たのかと気づいた。

佐々木常夫さんは着任時に自分の方針を書面で配布していたというし、
出来る上司は優先順位を言語化して最初に言えるのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2012-09-09 18:51 | 社会適応 | Trackback | Comments(8)

好き嫌いが露骨に出てしまう

「前の上司さんのこと好きですよね~」と後輩に言われた。

後輩は、前の上司がリーダーしているチームに所属している。
自分が前の上司の所へ時々話をしにいく様子をみて、
後輩は前の上司のことを好きだと感じたようだ。

前の上司に限らず、自分は好き嫌いが露骨に出てしまう。
しかし、露骨に出てしまうと分かっているものの、
露骨に出てしまう原因が自分では掴めていない。

例えば、前の上司と話している時間は、
今の上司と話している時間に比べて圧倒的に少ない。
それでも、前の上司のほうが今の上司より好きだと周りは分かるらしい。

周りは何を見て自分の好き嫌いを判断しているのだろう。
好き嫌いが露骨に出てしまっては、組織の中では絶対に上手くやっていけない。
[PR]
by abcde354 | 2012-09-02 03:40 | 社会適応 | Trackback | Comments(10)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索