アスペルガー社会人のBlog

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

就業時間中の居眠りはNGですか?

今の上司と、時々自席で居眠りする同僚のことが話題になった。

自分は成果物さえあげれば、居眠りしていても評価してしまっている。
誰にでも欠点はあるのだから、成果物がしっかりしている限り大目に見ていた。

しかし、今の上司は仕事が出来ても居眠りしてはダメだという。

定型は何を持って「仕事が出来る」と評価するのだろうか。
成果物がしっかりしていても、多少の居眠りがあったらNGなのだろうか。
居眠り程度でNGだと、アスペルガーなどは欠点だらけだから、
定型の「仕事が出来る」基準に当てはまることはないだろうと思ってしまう。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-29 22:23 | 社会適応 | Trackback | Comments(9)

「相手が何を言ったら喜ぶのか知りたいと思った」

2012年4月、前の上司にお話を伺った時の議事録が出てきた。
前の上司がご経験されてきた仕事を自分がやることになったので、
お話を伺えないかと上司に相談して伺った時の議事録だ。

その際、一通りお話を伺った後の余談で、
何故前の上司との初仕事が稀に見る成功を収めたのか、
前の上司が気を付けていたことはなかったのか、
と思いきって質問をぶつけてみた記録が残っていた。

前の上司が気を付けていたこと、それは下記だった。
「話す量を多くするよう心がけた。
自分がどういう人間か知ってもらうと同時に、
相手が何を言ったら喜ぶのか知りたいと思った。」

頭を殴られた気がした。
「相手が何を言ったら喜ぶのか知りたいと思った」ことなどなかったからだ。

確かに、相手の喜ぶポイントが分かれば相手と話も弾むし、
相手にとって有用な人物になれるのだろう。
しかし、どうすれば「相手が何を言ったら喜ぶのか」知れるのか
さっぱり分からないでいる。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-26 01:34 | 社会適応 | Trackback | Comments(8)

ご馳走する心理が分からない

リーダーになってから、何故か自発的にご馳走する事が多くなった。
リーダー手当といったものがあるわけでもないのに、
缶コーヒーを買ってあげたり、お菓子を配ってしまったりするのだ。

自分はお金に厳しく割り勘しかしてこなかった人間なので、変化に驚いた。
何故こんなことをしているのだろうと。

リーダー業に対して大きな不安を感じているのだろうか。
1日2~300円でも1か月にすると5000円とんでいくから、
ご馳走癖は何とかしたい気がする。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-19 18:34 | 自己分析 | Trackback | Comments(12)

服薬が必要なのは、易刺激反応を抑えるため

東京・池袋で、脱法ハーブ吸引後に乗用車を運転して歩道に突っ込み、
死者が出るという痛ましい事件が先月あった。
その容疑者が供述したという言葉を聞き、ハッとした。
「脱法ハーブを吸引するとふわふわして気持ち良かった」という言葉だ。

「ふわふわする。」それは自分が服薬を忘れた時に感じる感覚と同じだった。
定型は吸引しなければ「ふわふわ」状態にならないのかと知り、驚いた。

服薬を止めてもいいのではないか、と
最近は主治医もおっしゃってくださっていた。
しかし自分にとって服薬は重要な役割を果たしていると痛感した。
刺激への反応を鈍くし、興奮を抑えるという役割だ。

外部との接触を続ける以上、自分にとって服薬は必須なのであろう。

※自分はエビリファイを中心に服薬を続けている。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-07 22:22 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

「親分」と言われたことについて

歓送迎会での事。
一緒に仕事している下請さんが上司の上司に向かって
自分(=とうふ)のことを「親分」と表現した。
自分(=とうふ)にそっぽを向かれたら終わりだ、とも言った。

一緒のテーブルだった同僚に帰りの電車で
何故親分と言われたのかと聞いてみた所、
「場を盛り上げるために言っただけだろう」とのことだったが、
自分自身は裏の意味があるのではないかと思っている。

例えば、アスペルガーの世間知らずについて
「ぼんぼんだから」といった表現がされることがある。
「親分」という言葉にも
そういう裏の意味が隠されているのではないかと思っているのだ。

下請さんは自分より全然年上なので
いつもリスペクトを持って接しているつもりなのだが、
リスペクトが行動として現れていないのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-05 18:15 | 社会適応 | Trackback | Comments(11)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索