アスペルガー社会人のBlog

食べ物が身体症状にてきめんに現れる

昨日の夕食後にスナック菓子を食べた所、
1時間も経たずに
ズボンのポリエステルの裏地がチクチク感じ始めた。
翌朝自炊で作った食事を食べた所、チクチク感は収まった。

また、今週火曜日から夜⇒朝⇒昼⇒夜と4食連続で外食したところ、
水曜日夜の外食中に口内炎が出来ていることに気付いた。
その後はみかんを食べるように気を付けているが、
口内炎は4日経った今も治っていない。

アスペルガーな自分にとって
「何を食べるか」は切実な問題だと気づいた今週だった。
忙しくても、週末の作り置きおかず作成は
必須で行わなければいけないタスクだと気づいた。
[PR]
# by abcde354 | 2016-02-27 21:10 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

1日に3度も外出した事について

今日は、結果的に1日に3度も外出してしまった。
2度も買い忘れに気付いたからだ。

1回目の買い忘れは保存容器。
自分は週末に金曜日までの食事をまとめて作るため、
保存容器が足りないのは致命的だ。
しかし、食事を作り始めて買い忘れに気付いた。

2回目の買い忘れは中性洗剤。
冬はウール素材を着る事が多いため、
中性洗剤がないというのは洗濯不能を意味する。
しかし、残りわずかになっていたのを忘れていた。

3度の外出は方向が違っていたので時間のロスは少なかったが、
度重なる買い忘れはかなり問題だと感じる。

今回の敗因は、自分はアスペルガーだとわかっているのに、
必要な買い物に気づいた時点で
スマホのリマインダー設定しておかなかったことと思うので、
今後気を付けたいと思う。
[PR]
# by abcde354 | 2016-02-21 17:35 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

他者と向き合うのは疲れる

今週から、毎朝一人ひとりと状況確認ミーティングを始めた。
前日実績と今日の予定を報告してもらい、
疑問点があれば質問し、悩み事があれば一緒に考えるミーティングだ。

メンバーに入れ代わり立ち代わり来てもらうので
ミーティングに1時間半はかかる。
時間がかかるのはやむなしだが、
ミーティング終わると完全にクタクタになってしまい、
タスクが全く捗らない日もあるのでどうしたものかと思っている。

アスペルガーで他者と向き合うのが苦手なのでクタクタになるのだと思うが、
これも慣れれば出来るようになるのだろうか。

…とここまで一昨日書いたところ、昨日上司が体調不良で珍しく早退した。
上司にもミーティングに全参加して頂いているので、疲れてしまったのだろうか。
定型な上司が疲れるのであれば、アスペルガーな自分は疲れて当然だが。
[PR]
# by abcde354 | 2016-02-20 11:14 | 自己分析 | Trackback | Comments(3)

ウェアラブル端末で身体のシグナルを理解する

昨年末にウェアラブル端末(活動量計)というものを買ってみた。
買ってみたのはFitbit ChargeHR
ウェアラブル端末で市場シェア1位の製品だ。

Fitbitを腕時計のように腕に巻くと
心拍数、睡眠、歩数、消費カロリーといったものを自動計測してくれる。
これがなかなか優れものだ。

例えば、18:00に本番障害が起きて20:00に解決した日があった。
自分自身は淡々と障害対応したつもりだったが、
心拍数はその2時間の間、明らかに上昇していた。
ストレスがかかっていたのだろう。

別の日、寝起きが非常に悪かった。
睡眠時間は7時間以上確保されていたが、
睡眠中の心拍数が総じて高かった。
睡眠で疲れを取れなかったようだ。

アスペルガーは身体が発信するシグナルをとらえにくい。
しかし、端末が計測する数値をみればシグナルを一目瞭然で理解できる。
アスペルガーはウェアラブル端末という最新のテクノロジーの力を借りて、
身体のシグナルを理解するという手もありそうだと感じている。

【日本正規代理店品】Fitbit ワイヤレス活動量計+心拍計リストバンド ChargeHR Large Black FB405BKL-JPN

B00VR4C75E
Fitbit 2015-04-24
売り上げランキング : 313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
# by abcde354 | 2016-01-17 15:12 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

部下から尊敬される上司の条件とは何だろうか。

上司が年末取引先へ挨拶に行き、卓上カレンダーを1つ頂いてきた。
どうするのかとみていたら、上司は自分の机にその卓上カレンダーを置いていた。

上司らしい行動だと思った。

自分ならば、卓上カレンダーは部下に使ってもらうだろう。
1つしかないのであれば、抽選でもするかもしれない。
卓上カレンダーは本当にちょっとしたことだが、
部下へ日頃の感謝を示す良い機会だと自分は思うからだ。

そして、前の上司ならどう行動するのだろうか、と思った。
社と社の付き合いの中で頂いたものだから、
卓上カレンダーは総務部に渡すかもしれない。
思いつかないが、もっと他にも選択肢はあるのだろう。

卓上カレンダーという些細なことからだが、
部下から尊敬される上司の条件を考えてしまった。
自分を強く律することが出来る人というのは上司の最低条件だが、
卓上カレンダーは役得だと自分で使う位の図々しさも必要なのだろうか。


----
明けて2016年、このBlogも10年目を迎える事が出来ました。
それもひとえに読者の皆様のお陰です、本当に有難うございます。
これからも有益な記事を書いていきたいと思っておりますので、
どうか引き続きよろしくお願いいたします。
[PR]
# by abcde354 | 2016-01-10 12:01 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)

定型と同じことをしていても、アスペルガーは人並み以下になるだけ

今日は社内の委員会主催飲み会があったが、行かなかった。
廊下で上役に来ないのかと聞かれたが、行かないと答えた。

定型と同じことをしていてもアスペルガーは人並み以下になるだけ、と思っている。
定型は飲み会で交流を深めるのだろうが、
自分には飲み会で相手に好印象を与えられるだけのスキルはまだない。
そうであるならば、下手に任意参加な飲み会に参加するのではなく、
その時間をスキルアップに充てたほうが良いのではないかと思っている。


実は、最近、話したこともない他部署の部長が飲み会を開いてくれた。
8月から9月にかけて行った他部署支援作業の御礼をしたいということだった。
親しくもない事業部長も駆けつけてくれて、非常に助かったと言ってくれた。

では、その支援作業で何故役立てたかと考えてみると、
業後に飲みに行かず、マクドナルドで勉強していたからだ。
ちょうど勉強していた技術スキルが支援作業で役立ったのだ。
こういうやり方がアスペルガー的なお役立ち方法ではないかと思っている。


2009年1月19日の当Blog『30歳からの成長戦略』 から引用させて頂いたが、
実力相応にしか人脈は出来ない、まさにそうだと最近痛感している。
アスペルガーは定型が出来ない分野で底力をつけ、
ワンチャンスを確実にものにして認めてもらうことが社会適応の道のように思う。
[PR]
# by abcde354 | 2015-12-09 21:44 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

本当に徹底した努力は裏切らない

NHK杯フィギュアを結局LIVEストリーミングで見てしまった。
男子シングル羽生選手の史上初300点超えは圧巻過ぎたが、
女子シングル宮原選手の自身初200点超えにも拍手を送りたい。

日経新聞に以前出ていた記事の記憶になってしまうが、
宮原選手のスケートに対する身体能力は人並みだという。
実際、宮原選手は野辺山合宿の選考から漏れている。

それでも、宮原選手は努力に努力を重ねてきたそうだ。
田村コーチに言わせると、
「周りが1回でできる事を宮原選手は100回やらないと出来ない、
けれども宮原選手は100回でも200回でもやる。」という。
その努力で彼女は世界トップレベルへと上り詰めた。


「努力は裏切らない」、この言葉を自分は甘いと思ってきた。
しかし宮原選手を見ていると
「本当に徹底した努力は裏切らない」のではないかと思ってしまう。

アスペルガーで持ち合わせた能力は低くとも
本当に徹底した努力を続ければ
光明は見えてくるのかもしれないと思った今日だった。
[PR]
# by abcde354 | 2015-11-28 22:13 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)

主治医もマネジメントをやることを認めてくれた

主治医が診察時にいわく、
「5年前のあなたなら厳しいと思うけど、
今のあなたならマネジメントやれるでしょう」

ずっとマネジメント業務に反対していた主治医が
まさかこんな発言をしてくださるとは思わなかった。

何に成長を感じてくださったのかわからないが、
そう言ってくださるとは、
自分の方向転換も間違っていなかったのだと確信出来た。

アスペルガーだからといって苦手を拒絶し続けるのではなく、
成長に応じて柔軟に対応していくことが重要なのだろう。

今後も、苦手なことでも徐々に挑戦してクリアしていきたい。
[PR]
# by abcde354 | 2015-11-24 22:20 | 社会適応 | Trackback | Comments(2)

一人暮らしでも時間にルーズにならない方法

アスペルガーが一人暮らしを避けたほうが良いと言われる理由の一つに
「アスペルガーは時間にルーズ(時間になってもやめられない)」ということがある。
一人暮らしだとアスペルガーのルーズさを正してくれる人がいないので
時間のルーズさが際立ってしまい、勤務等にも支障をきたすという訳だ。

上記の話は、一定程度合っていると思っている。
7週連続休日出社していた頃は心身共にぎりぎりで、初めて寝坊で遅刻してしまった。
帰宅後のネットサーフィンで1時間とか使ってしまい、寝不足で出社することもあった。

ただ、最近その時間のルーズさを多少解消する方法を見つけた。
音楽をかけて、その時間内に出来ることの目標を立て、実行するということだ。

自分の場合5曲、30分のプレイリストを作っている。
30分間で終えることを決めてプレイリストをかけ、実行に移す。
そうすると大抵のことは30分で終えられるようになった。
30分で終えられなかった時でも音楽が終わったことでハッと出来、
ズルズルとネットサーフィン等をし続けることもなくなった。

今後も工夫を重ね、アスペルガーの苦手を克服していきたい。
[PR]
# by abcde354 | 2015-10-17 20:00 | 社会適応 | Trackback | Comments(3)

他者から頼りにされるのはアスペルガーでも嬉しいもの

更新が怠ってしまい失礼しました。

定時後や土日に他部署の支援作業にあたっていたため、
帰宅が午前様という日々が続きました。
7週連続の休日出社や4日連続の夜勤業務といった、
初体験の経験を沢山させていただきました。

以前から他部署の支援業務は割と好きなのですが、
何故好きか考えていて「頼りにされるから」だと気づきました。
支援するときというのは、支援が必要なほど人を必要としています。
空気が読めなくて行動が多少変でも、
タスクが消化されていれば必要な人になれるわけです。

と、ここまで考えて、
アスペルガーでも他者から頼りにされるのは嬉しいのか、と気づきました。
アスペルガーが他者との関わりを避けるのは疎外感を味わうからであり、
疎外感を感じない局面においては他者と関わろうとするのかと気づきました。

アスペルガーに出来る業務をアスペルガーに任せて頼りにすると、
アスペルガーは一生懸命に業務をこなすのではないかと思っています。
[PR]
# by abcde354 | 2015-09-23 19:11 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索