アスペルガー社会人のBlog

タグ:ひとり言 ( 102 ) タグの人気記事

win-winな関係2

win-winな関係で上司がおっしゃっていたことの意味が理解できた。

上司曰く、
「人間関係はgive and take。
では、部下は上司に何をgive出来るかと言えば、工夫の仕方。
自分のアドバイスを忠実にやるのではなく、一工夫加えなさい。」

なるほど。
ここまで噛み砕いてくださると、何をすれば良いのかよく分かる。

アドバイスくださった皆様、どうも有り難うございました。
[PR]
by abcde354 | 2007-12-17 02:48 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)

ビジネスにあるのは「成功」か「失敗」かだけ

ビジネスには「正解」や「間違え」はありません。
あるのは「成功」か「失敗」だけです。
多くの利益を出す効率のいいビジネスがいいビジネスで、
赤字垂れ流しのビジネスは悪いビジネスです。
ただ、それだけです。


以上、『問題解決トレーニング (East Press Business)』から引用させて頂いた。

この文章をみてふと思った。
「如何に効率よく利益を出すか」上司はそれだけを考えているのではないか、と。
利益を出すためには自分にない考え方を取り入れたほうが良い場合もあり、
だから「自分にない考え方は勉強になる」と言ったのではないかと。
(win-winな関係でありたい、が効率や利益と合致するか自信ないが)

とにかく、「利益を出す効率のいいビジネスが良いビジネス」であることを、
常に念頭において仕事をしていこう。


問題解決トレーニング (East Press Business)
西村 克己

4872574338
イースト・プレス 2004-03-20
売り上げランキング : 61189
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2007-12-11 01:06 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)

上司の前でアスペルガーの地を出してよいものか。

これまで、今の上司について色々と書いてきた。
今の上司は非常に出来た人で、毎日が勉強の日々だ。

だが、今の上司がアスペルガーに理解あるのか、といえば
自分は「NO」だと思っている。
上司はコミュニケーションが取りづらい自分に対し、「やりづらい」と言っておられた。
「相手の立場を想像する」ことが苦手な自分に辟易されていることもある。
今までのナチュラルサポートは、単に
「上司の役割は部下の尻拭いをすること」
というご自身の言葉を有言実行されているだけのことのように思える。

だからこそ悩む。
アスペルガーの地を出してしまってよいものなのか。
アスペルガーを出さないように気をつけてきたからこそ、
これまでサポートしてくださっているのではないかと。

上司は自分に対し「自分を出して欲しい」と思っているのは確かだが、
出してしまった時どうなるか、何とも想像がつかない。
[PR]
by abcde354 | 2007-12-06 00:20 | ひとり言 | Trackback | Comments(12)

win-winな関係

上司から、
・win-winな関係でありたい、
・自分にない考えは大変勉強になる
と言われた。

圧倒的に出来る上司との間に
win-winな関係をつくるにはどうしたらよいのだろう。
アスペルガーな自分が定型な上司に与えられる"考え方"があるとしたら、
それは何なのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2007-12-01 01:17 | ひとり言 | Trackback | Comments(3)

上司への思いを抑えきれなくて綴ってみる

今の上司と仕事が出来るのが年末までと決まった。

そう決まった途端、溢れる思いを抑えきれなくなってしまった。
アスペルガーの長短を見事に見抜いたナチュラルサポート、
注意すべきことは注意し、出来たところは誉めるというその姿勢、
どんな時でも冷静でメンバーを落ち着かせてくれるその態度、
それらを間近に拝見出来るもあと1ヶ月なのか、と。

特に上司から頂いたご指導の言葉の数々は、一生の宝物になるだろう。
一言も聞き漏らすまいと書き続けたノートは、半年で3冊になった。
読み返してみると、
アスペルガーの特性によく気付いておられるのがよくわかる。
そしてナチュラルサポートしてくださっていたこともよくわかる。

あと1ヶ月、出来る限りのことをご指導頂けるよう、
感謝の念を常に忘れず、今出来る最善を尽くしてみたい。
[PR]
by abcde354 | 2007-11-28 00:10 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)

「地上の楽園」などは存在しない

テレビで在日朝鮮人の方の話をやっていた。
日本で生まれた後、
「地上の楽園」だと思って北朝鮮に渡ったが、
現在は脱北して日本に戻ってきたという。

「地上の楽園」、その言葉に自分は中学受験のことを思い出した。

自分は幼稚園の頃から周囲に違和感を感じていた。
周囲が軽く出来ることが自分にはこなせない、
努力しても努力しても浮いてしまう。
何故だろうと思い続けてきた。

そんな自分、とある中学校の文化祭発表に魅せられてしまった。
その発表は『EC(現在のヨーロッパ連合)の研究』。
幼稚園の頃から毎日ニュースにかじりついていた自分にはたまらない話題だった。
そこに自分の居場所があるような気がした。

その中学校は、毎年東大合格者を輩出する進学校。
塾の一部の先生からは成績的に厳しいといわれたが、
そこに「地上の楽園」を感じてしまった自分は
何としても合格するのだと思い勉強に励んだ。

結果、運良くその中学校に合格できた。
しかしそこは「地上の楽園」というには程遠い場所だった。
東大進学のためにあり
ひたすら勉強に追いまくる環境は、
アスペルガーな自分をストレスフルにした。
生来のストレスに対する脆弱性が心身を蝕み、
鬱的な症状に苦しめられた。
この世の中に「地上の楽園」など存在しないと思い知った。

「地上の楽園」も「アスペルガーにとって居心地の良い環境」も
この世の中には存在しないと自分は今でも思っている。
問題なのは、自分の環境を「どう感じるか」ということ。
本人が「地上の楽園」と感じれば、
たとえ他者からみて過酷な場所であっても居心地の良い場所であり、
本人が「辛い場所」と感じれば、
他者が「居心地の良い場所」と感じていても過酷な場所である、
そういうことだ。

「地上の楽園」など決して存在しない中で如何に生き抜いていくのか。
人生というものを全うするのか。
少々考えてしまった。
[PR]
by abcde354 | 2007-10-23 01:15 | 考察 | Trackback | Comments(18)

上司は何を仕掛けているのか

現在自分の上には2人の上司がいる。
一人はプロジェクト上の上司、
もう一人は組織上の上司。

で、組織上の上司が何かを仕掛けてきている。

先日、用事がなければ来ない組織上の上司がやってきて、
しきりと現在のプロジェクトについて聞いてきた。

その数日後、組織上の上司と仲の良い同僚が、
「仕事が忙しく来月の出張に行けない」
と言い出した。
その同僚、自分に関係ない仕事にも関わらず出張に行きたがり、
プロジェクト上の上司にわざわざ日程を確保してもらったにも関わらず、
出張に行けないと言い出した。

組織上の上司が何かを仕掛けてきているとは分かるのだが、
それが何なのかが分からない。
[PR]
by abcde354 | 2007-08-11 00:48 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)

テレビから得られる情報の少なさに唖然

楽しみにしていた1時間のTV番組をみた。
得られた情報を書き留めつつ観ていたのだが、
メモが10行にも満たないうちに番組が終わってしまった。

テレビは時間の無駄とよく本に書いてあったが、
ここまで情報量が少ないとは、正直唖然とした。

聴覚優位なのでテレビは楽なのだが、
テレビに頼り過ぎないよう気をつけねばいけない。
[PR]
by abcde354 | 2007-08-06 01:42 | 話題 | Trackback | Comments(2)

チャンスとカミングアウトと

今度出張にいくことになった。
出張に行けるというのは
経費を出して頂けるということであり、
チャンスをいただいた事になるのだろう。

経費を出すことを決断くださった上司の方は、
自分が鬱であることすら知らないようだ。
毎日薬を飲んでいることも分かっていないようだ。

カミングアウトしていたら
この機会をもらえたのかどうか、
正直考え込んでしまった。
カミングアウトしても
差別なくチャンスをもらえる社会になるのが理想だが、
現実と理想は乖離もはなはだしい。
[PR]
by abcde354 | 2007-08-04 01:26 | 社会適応 | Trackback | Comments(8)

控えめにあるためには?

自分は何かと目立ってしまう。

控えめにありたいと思っても、
人と違う行動を取って目立ってしまう。
状況が読めず、余計なことを言ってしまう。

控えめな行動とはどういう行動を指すのだろう?
[PR]
by abcde354 | 2007-06-06 00:10 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索