アスペルガー社会人のBlog

タグ:就労 ( 53 ) タグの人気記事

「モノ」相手の仕事などあるのだろうか

主治医と仕事の話をしていた。
「あなたの場合、本当はモノ相手の仕事が向いていると思うのだけどね、ガテン系の。」
と主治医はおっしゃられていた。

自分自身、人相手よりモノ相手の方が遥かに気楽だ。
モノには感情がないから、モチベーションを高めるとか考える必要がない。
そして、モノは自分の指示どおりに動いてくれる。
PCであれば「あ」と打ち込めば「あ」と表示してくれる。

しかし、いまどきの日本でモノ相手の仕事などあるのだろうか。
中卒位の年齢で
誰にも作れないような品物を作る職人の世界にでも入っていたならば良かったが、
もはや職人の世界に入れるような年齢でもない。
大量生産される工業製品は
中国などの開発途上国で作って輸送したほうがはるかに安価だ。

いまどきの日本で、
社会人になっている年齢の人間でも出来るモノ相手の仕事があれば、
是非話を聞いてみたい。
[PR]
by abcde354 | 2008-07-10 22:11 | ひとり言 | Trackback | Comments(22)

IT業界で闘う“アスピーズ” アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状”

『IT業界で闘う“アスピーズ”  
アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状”』


上記の記事をみつけた。

個人的には4頁目の
「高機能自閉症/アスペルガー症候群を抱える人に適した能力別職業リスト」
が大変気になった。
鵜呑みにするのは良くないが、自分に当てはまるところも多く、参考になった。

また、7頁目にはカミングアウト問題も取り上げられている。
先進的な組織で働く人間でない限り、
カミングアウトは時期尚早ということになるのだろうか。


少々長文で、言及されている範囲も多岐に及ぶので、見出しだけ示しておきたい。

1.超人的な記憶力を持つものの、くだらない冗談が理解できない
2.医学界でも見解が分かれる、アスペルガー症候群の定義
3.アスペルガー症候群とIT業界の深い関係とは
4.些細なことがネックにアスピーズの就職事情
5.ニュートンもアインシュタインも……天才、偉人とアスピーズ
6.問題が表面化しづらい?進まないアスピーズ支援
7.アスペルガー症候群は「疾患」か?カミングアウトの葛藤
8.アスピーズが切望するよりよい職場環境とは
9.日本国内におけるアスピーズ支援はスタート地点に立ったばかり


『IT業界で闘う“アスピーズ”  
アスペルガー症候群を抱えたITプロたちの“苦悩”と“現状”』

[PR]
by abcde354 | 2008-06-26 23:18 | 話題 | Trackback | Comments(4)

仕事を一所懸命するより重要なこと

人間というものはいくら仕事のことばかり一所懸命になっても、
それだけでは成功しない。
多くの人が成功するためにもっと心がけねばならない大切なことは、
人に可愛がられること、人に好かれることである。


ベンジャミン・フランクリンの言葉だそうだ。

大変納得のいく言葉だ。
お客様や上司に可愛がられなければ、良い仕事を回してもらえない。
部下に好かれなければ、良い働きをしてもらうのは難しい。
全くその通りと感じる言葉だ。

しかし、この言葉は
人間関係構築能力の弱いアスペルガーにとって大変痛い言葉である。

アスペルガーで成功した人達は、どうやって成功を勝ち取ってきたのだろう。
人間関係構築能力を補完して余りある何を持っていたのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2008-04-05 01:36 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

障害者枠での就労について

障害者枠での就労について分かりやすく説明された文章があったので、
転載許可頂きました。
mixiのアスペルガーと就労コミュで、りんどうさんが書かれた文章です。

まず、企業が身体や精神を同等と扱うかどうかですが、雇用したあとで差別することはないと思います。むしろ、企業は雇用するときに優先する障害を決めています。
精神よりは身体や知的のほうが現在は慣れているようです。こんごは変わるでしょう。

障害者枠についてぱ、3つのパターンがあると思います
1.障害をオープンにし、障害者雇用枠で就活
2.障害をオープンにした一般雇用
   ・・・・就職時は稀。普通は就職後、診断を受け、会社に告げて結果としてオープン
3.障害をクローズにした、または、知らないまま一般雇用(ASの診断をうけていても、よくおられます)

私の知っている範囲では、どれが良いかは、当事者のハンディ(できないこと、不得手なこと)しだいだと思うのです。
ふつう、一般のほうが給料が高く、昇進の道がひろい。障害者枠ではそうはいかないところがほとんど。
また、一般社員だと転勤や配属で個人的事情を考慮しない会社もあるし、一般社員でも一人一人の生活条件を考慮する会社もあります。
人手がたりないところや、まじめな人が欲しいというところもあります。

そこで、自分で自分を評価するのが難しいなら、お医者さんや、障害者職業センターで相談されてはいかがでしょうか。そのときに、相手が答えやすいように、「私はどれがよいか率直に言ってください。気にしませんから。あなたの個人的な意見を聞かせてください」と聞いてみたらどうでしょうか。
なぜこんなことを書いたかというと、みんな相談されると「悲観しなくていい、大丈夫、がんばって」となってしまいやすいからです。

障害者枠の場合でも、アスペへの配慮がされるかどうかは相手次第です。
雇用率だけに関心がある会社もあります。
職業紹介機関をうまく利用するのがコツです。

また、3の場合ですが、人材紹介会社や公な紹介機関でも、ご本人と面接し過去の経歴を聞いて、この人はなにか障害を持っているかも知れないと窓口の担当の方が感じる場合はよくあるのです。そんなときでも、「あなたは障害がありますよ」とは普通、担当の方は言いません。あなたを見て、一般就労で雇ってくれそうなところがないか探してくれます。
この場合、障害名よりも、苦手なことを説明したほうがうまくいきます。
ご本人の程度がクローズでいけそうな場合は、障害を言うと一般の就職先を見つけにくくなります。

[PR]
by abcde354 | 2008-04-05 00:42 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

仕事の成功度は準備のよさに比例する

仕事の成功度は準備のよさに比例する。

今日で上司との仕事が正式に終わった。
上司が最後におっしゃったのが上記の言葉だった。

実際、上司は非常に丁寧な準備をされる方だった。
上司として着任された時、既にプロジェクトに関する資料を一通り作成済だった。
今までにないやり方に、非常に驚いたものだ。

そして、今回の仕事は非常にスムーズに進んだ。
大きな問題が発生することもなく、利益率も良かった。

翻って自分はどうかといわれると、準備の下手さが目立った。
「出たところ勝負はいけない」と何度ご指摘いただいたかしれない。
何故準備不足が目立ったのか、
アスペルガーとの関係も含めもう少し詳細化し反省する必要がある。

仕事の成功度は準備のよさに比例する、
心に留めておきたい言葉をまた一つ頂いた。
[PR]
by abcde354 | 2008-01-13 00:38 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

アスペルガーを部下にもつ上司の方へ

Zack-Balanさんが、
アスペルガーを部下にもつ上司の方へお願いしたいことを
簡潔に分かりやすくまとめておられた。

http://plaza.rakuten.co.jp/utsu1974/diary/200710230000/


この中でも特に 「同時に2つのことを頼まない」 は是非お願いしたい。
アスペルガーは 「物事の優先順位をつける」 のが大変苦手であるから。

※20131208追記:リンク先記事は削除されていました
[PR]
by abcde354 | 2007-10-25 01:11 | 話題 | Trackback | Comments(2)

発達障害のある人の雇用管理マニュアル

今更ながら、厚生労働省の外郭団体が
このようなマニュアルを作成していたことを知った。
一読してみたが、少なくとも自分の特性は捉えていると感じた。

発達障害のある人の雇用管理マニュアル
[PR]
by abcde354 | 2007-05-10 23:35 | 症状 | Trackback | Comments(2)

職場でのいじめ急増

Excite エキサイト : 経済ニュース

職場でのいじめが急増しているとの記事を発見した。

アスペルガーはいじめの対象として狙われやすい。
いじめに遭った時には証拠になるよう
・ボイスレコーダーに録音する
・写真に撮っておく
といった対策を取った上で、
適切な機関に相談する必要がありそうだ。

いざということになる前に、
ボイスレコーダーと写真付き携帯を買っておこうと思った。
[PR]
by abcde354 | 2007-05-05 03:28 | 話題 | Trackback | Comments(2)

アスペルガーが仕事で貢献するためには何が必要か

具体的な数字を聞いて愕然とした。
プログラマーを雇う場合、
中国で暮らす中国人を雇いメールや電話でやりとりすれば、
日本人の1/3の経費で済むのだという。

アスペルガーはプログラミングのような
一人でこなす仕事を得意とする人も多い。
他者との関わりが少なく「3つ組」の障害が出にくいのだ。
しかし、中国人の3倍払って
日本人をあえて雇う経営者がどこにいるだろうか?

グローバル化の中で労働集約的作業は海外に移転していく。
日本人に残されるのは、営業、マネージメント、サービスといった
他者との接触が極めて多い仕事。

日本人に残された仕事の中で、
どうすればアスペルガーは長所を生かして社会貢献出来るのだろうか。
どのような訓練や努力が必要なのだろうか。

まだ自分には答えが見出せていない。
[PR]
by abcde354 | 2007-04-28 16:24 | ひとり言 | Trackback | Comments(18)

『自閉っ子、自立への道を探る』 服巻 智子

アスペルガーの子供をもつ親向けに書かれた本だが、
現在大人のアスペルガー当事者にも大変読む価値のある本と感じた。

内容は、それいゆ相談センター長服巻智子さんと花風者社長浅見淳子さんが
就労中の成人当事者にインタビューするというもの。
成澤達哉さん(バイク便ライダー)へのインタビューが特に印象深かった。

気になった文章をいくつか載せておきたい。

服巻智子さんの言葉から

・認知が弱いことを常に意識し、
「何かを決めるときには、自分だけで完全に決めてしまう前に、相談できる人に確認する」

・固定化した少数の人間関係の中で奇妙に見えることがあると、
人間ってどう接していいかわからなくなる

・当事者には、助言を求める練習と、
助言が思いがけないものであっても受け入れる練習が必要

・会社にカミングアウトする場合、第三者に入ってもらったほうが効果的
障害者職業センターのようなところに依頼できると良い

・成澤さんは、理解の度合いに確信がもてない場合は、
相手に「今のはどういう意味ですか」などと聞き返したり、
内容をきちんと確認しながら進めるという会話のスキルを持っていた


浅見淳子さんの言葉から

・伸びている業界は、人を吸収する力がある
人材活用に際しても、弱いところ強いところを見極める余裕がある
衰退しつつある業界はどうやって人を切っていくかに一生懸命になる
そういう中では、特性を配慮してもらうのは難しいような気がする

自閉っ子、自立への道を探る
服巻 智子

490772568X
花風社 2006-08
売り上げランキング : 309
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2007-03-27 00:30 | 読書 | Trackback | Comments(0)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索