アスペルガー社会人のBlog

タグ:社会適応 ( 265 ) タグの人気記事

主治医もマネジメントをやることを認めてくれた

主治医が診察時にいわく、
「5年前のあなたなら厳しいと思うけど、
今のあなたならマネジメントやれるでしょう」

ずっとマネジメント業務に反対していた主治医が
まさかこんな発言をしてくださるとは思わなかった。

何に成長を感じてくださったのかわからないが、
そう言ってくださるとは、
自分の方向転換も間違っていなかったのだと確信出来た。

アスペルガーだからといって苦手を拒絶し続けるのではなく、
成長に応じて柔軟に対応していくことが重要なのだろう。

今後も、苦手なことでも徐々に挑戦してクリアしていきたい。
[PR]
by abcde354 | 2015-11-24 22:20 | 社会適応 | Trackback | Comments(2)

一人暮らしでも時間にルーズにならない方法

アスペルガーが一人暮らしを避けたほうが良いと言われる理由の一つに
「アスペルガーは時間にルーズ(時間になってもやめられない)」ということがある。
一人暮らしだとアスペルガーのルーズさを正してくれる人がいないので
時間のルーズさが際立ってしまい、勤務等にも支障をきたすという訳だ。

上記の話は、一定程度合っていると思っている。
7週連続休日出社していた頃は心身共にぎりぎりで、初めて寝坊で遅刻してしまった。
帰宅後のネットサーフィンで1時間とか使ってしまい、寝不足で出社することもあった。

ただ、最近その時間のルーズさを多少解消する方法を見つけた。
音楽をかけて、その時間内に出来ることの目標を立て、実行するということだ。

自分の場合5曲、30分のプレイリストを作っている。
30分間で終えることを決めてプレイリストをかけ、実行に移す。
そうすると大抵のことは30分で終えられるようになった。
30分で終えられなかった時でも音楽が終わったことでハッと出来、
ズルズルとネットサーフィン等をし続けることもなくなった。

今後も工夫を重ね、アスペルガーの苦手を克服していきたい。
[PR]
by abcde354 | 2015-10-17 20:00 | 社会適応 | Trackback | Comments(3)

アスペルガーは規則を徹底して守らなければいけない

アスペルガーは規則を徹底して守らなければいけない。

例えば、美術館。
よく「私語は慎んでください」とある。
そういう場合でも定型は私語を適当に混ぜつつ見ているようだが、
アスペルガーは私語をしてはいけない。
定型はどこで私語を混ぜても大丈夫か空気を読めるが、
アスペルガーは空気を読めずに私語をし、
他者を不快にすることが多々あるからだ。

アスペルガーで愚直なまでに規則を徹底して守らなければいけない。
それが、アスペルガーが社会適応する第一歩ではないだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2015-07-25 21:33 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

アスペルガーとお金

誰でもお金は持っているに越したことはないが、
アスペルガーにとってお金は特に必要なものではないかと思っている。

お金がないと、調子悪くても病院に行くのをためらってしまう。
お金がないと、家事をヘルパーさんに頼もうとしても頼めない。
お金がないと、感覚過敏を抑えるための道具を買えない。
といったことが発生するからだ。

だから、自分はアスペルガーと分かってから、
特にお金に関する本を数多く読み、実践するようにしている。
中でも『私の財産告白』
収入が多くはない国立大学の教員であった著者が
巨万の富を築くまでを記載してあり、とても参考になる。

本書を読み返していて、
一人暮らしを始めて生活が厳しいが貯金に励まないといけないと
改めて感じていたところだった。

私の財産告白 (実業之日本社文庫)
本多 静六

4408551228
実業之日本社 2013-05-15
売り上げランキング : 5711

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2015-06-13 21:55 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

会社というものは保守的なもの

社内で”新しいビジネスモデルを作ろう”という掛け声があり、
そのための部署も数年前に作られている。

最近その部署が研修の募集をしていた。

かなり興味がある研修だったのでその旨上司に伝えたところ、
上司の上司から研修受講理由が必要との話があった。

研修の募集部署から考えて
受講理由は新しいビジネスモデルに関連すればいいと思ったので
自分なりのビジネスモデルを考えて理由として提出したところ、
上司の上司から下記回答があった。
「突拍子もない、既存ビジネスに役立たなければ研修受講承諾できない。」

結局この件は
現在のビジネスの発展に役立つのではないかという
嘘とも本当ともつかない理由を書いて研修受講承諾をもらった。
ただ、結局会社というものは保守的なもので、
余程のことがない限り変わろうとしないものだと知った。

障害者雇用といったことも現在世間的には流行だが、
余程のことがない限り個々の会社のスタンスは変わらないだろう。
アスペルガーで今後障害者雇用を狙おうという方などは、
なぜその会社が募集しているのかという意図をしっかりと探り、
本当に会社が変わろうとしているのかをよく見極めて頂きたいと思った。
[PR]
by abcde354 | 2015-05-16 15:38 | 社会適応 | Trackback | Comments(15)

アスペルガーにはテレビも新聞も要らない

現在の生活ではテレビも新聞もないのだが、
アスペルガーにとってはその方が平穏な生活を送れるということを知った。
なぜなら、アスペルガーは刺激に対して過敏だからだ。

テレビがないことで、ニュースを見て不安になることもない。
新聞がないことで、折込チラシに踊らされて衝動買いすることもない。
更には新聞を片付ける手間もない。
その結果、料理といった本当に必要なことに時間を割けている。

アスペルガーだから世間知らずで良いということではない。
自分もYahoo!ニュースや日経電子版で最低限の情報は得ている。

ただ、定型と違い刺激に対して過敏なアスペルガーは
定型から見ると「あって当然」のことでも本当に必要か吟味し、
なるべく刺激を少なくするのが良いのではないかと思っている。
[PR]
by abcde354 | 2015-04-29 18:51 | 社会適応 | Trackback | Comments(5)

定型は自分の経験を語るのが好き?

今回一人暮らしを始めるにあたって家電製品を買ったのだが、
一人暮らし経験のある同僚たちに話を聞いたら色々な事を教えてくれた。

例えば、
1、マイコンの炊飯器は止めた方が良い、IH炊飯器の方が美味しく炊ける。
2、電子レンジはコンビニ弁当が温められるか確認を。(小さいレンジだと弁当が入らない)
3、冷蔵庫は大きいものを買った方が良い。ランニングコストが安く済む
といった具合だった。

とても参考になる話ばかりで大変有難かったのだが、
びっくりしたのは話が大変盛り上がったことだった。
5年以上一緒に仕事をしてきた中で
最も盛り上がったのではないかと感じる位のものだった。

単に自分の経験談なので語りやすかったのか、
定型は自分の経験を語るのが好きなのかわからないが、
軽い経験談を語ってもらうのは
定型との会話で有効な手段ではないかと考えつついる。
[PR]
by abcde354 | 2015-04-18 20:07 | 社会適応 | Trackback | Comments(3)

『これが正解! ひとり暮らしスタートブック』 主婦の友社

アスペルガーの自立を考える上で役立つのではないかと教えて頂き、読んでみた。
こういうことが出来ることが自立への第一歩なのかと思い、非常に参考になった。

本書の構成は下記のようになっている。
1章:始めるまで(一人暮らしを始めるまで)
2章:インテリア
3章:掃除と収納
4章:洗濯
5章:料理
6章:節約
7章:トラブル
8章:冠婚葬祭

簡単にまとめてしまうと、
清潔さが保てる程度の掃除・洗濯、健康を維持できる程度の料理が出来て、
多少の貯金が出来る位のお金に余裕が持てて、
近所とトラブルにならない程度のお付き合いが出来て、
イベント時に浮かない振る舞いが出来れば
自立への第一歩といえるのだろうと理解した。

目標が出来ればあとは努力するのみなので、
今年は自立に向けたチャレンジをしたいと強く思った。

明けて2015年、今年もよろしくお願いいたします。

これが正解! ひとり暮らしスタートブック―ひとり暮らしがもっと楽しくなる!
主婦の友社

4072866709
主婦の友社 2013-01-25
売り上げランキング : 52994

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2015-01-01 22:57 | 読書 | Trackback | Comments(2)

アスペルガーにとって自立とはどういうことなのか

アスペルガーにとって自立とはどういうことなのか、最近よく考えている。
一人で暮らせるだけのお金を稼ぐことも自立の一形態かもしれないが、
それより大切なものがあるのではないか、と最近考えている。

例えば、自分は仕事し続けることをとにかく優先してきたので
料理がほとんど出来ない。
洗濯、掃除もほぼ家族に任せきりだ。
日常の買い物もほとんどしない。
その状況が”自立している”といえるのか、はなはだ怪しい。

アスペルガーを含む障害者は
他者の助けを一定以上必要とする点において健常者とは異なる。
従って、健常者の自立=アスペルガーの自立、とは考えられない。

しかし、アスペルガーにとっても自立は社会適応の上で大変重要なことと思う。
ただ、何が出来れば自立といえるのか、
アスペルガーにとって自立とはどういうことなのか、考えてしまっている。
[PR]
by abcde354 | 2014-12-30 20:50 | 社会適応 | Trackback | Comments(3)

職場で政治や宗教の話はタブー

取引先の40歳過ぎのおじさん、
自分に衆議院総選挙の話ばかり振ってくるのでとうとう
「職場で政治の話はやめてください」
とはっきり言ってしまった。

こちらを見てくださっている方は当然ご存じだろうが、
政治、宗教といった思想信条に関わる話を
職場でするのはありえない。

個々人がどのような思想信条を持ちようが自由だが、
それを職場でネタにしたり、
ましてや他人の思想信条を聞き出そうとしたり
他人に思想信条を押し付けたりするのはありえない。

仕事に対する考え方ではない部分において
職場で人に考えを押し付けるのはタブーであることを
改めてここに記しておきたいと思う。
[PR]
by abcde354 | 2014-12-11 00:07 | 社会適応 | Trackback | Comments(6)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索