アスペルガー社会人のBlog

タグ:社会適応 ( 265 ) タグの人気記事

服薬が必要なのは、易刺激反応を抑えるため

東京・池袋で、脱法ハーブ吸引後に乗用車を運転して歩道に突っ込み、
死者が出るという痛ましい事件が先月あった。
その容疑者が供述したという言葉を聞き、ハッとした。
「脱法ハーブを吸引するとふわふわして気持ち良かった」という言葉だ。

「ふわふわする。」それは自分が服薬を忘れた時に感じる感覚と同じだった。
定型は吸引しなければ「ふわふわ」状態にならないのかと知り、驚いた。

服薬を止めてもいいのではないか、と
最近は主治医もおっしゃってくださっていた。
しかし自分にとって服薬は重要な役割を果たしていると痛感した。
刺激への反応を鈍くし、興奮を抑えるという役割だ。

外部との接触を続ける以上、自分にとって服薬は必須なのであろう。

※自分はエビリファイを中心に服薬を続けている。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-07 22:22 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

「親分」と言われたことについて

歓送迎会での事。
一緒に仕事している下請さんが上司の上司に向かって
自分(=とうふ)のことを「親分」と表現した。
自分(=とうふ)にそっぽを向かれたら終わりだ、とも言った。

一緒のテーブルだった同僚に帰りの電車で
何故親分と言われたのかと聞いてみた所、
「場を盛り上げるために言っただけだろう」とのことだったが、
自分自身は裏の意味があるのではないかと思っている。

例えば、アスペルガーの世間知らずについて
「ぼんぼんだから」といった表現がされることがある。
「親分」という言葉にも
そういう裏の意味が隠されているのではないかと思っているのだ。

下請さんは自分より全然年上なので
いつもリスペクトを持って接しているつもりなのだが、
リスペクトが行動として現れていないのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-05 18:15 | 社会適応 | Trackback | Comments(11)

定型の評価基準は何なのだろうか

AKB総選挙を見て思っていたことなのだが、
評価は自分ではなく他者がするものであって、
1位になりたいと思っても他者が投票してくれなければなれないものであって、
そこら辺をアスペルガーは強く意識する必要があると思っている。

評価は全て他者がするものだから、
評価される人は評価する人にとって良い行動を取る必要がある。
世の中の大多数は定型なのだから、
アスペルガーは定型にとって良い行動を取る必要があるわけで、
アスペルガーは定型の目を強く意識しなければいけない。

ただ、アスペルガーにとって最大の問題は、
定型の評価基準がさっぱり分からない事であって、
アスペルガーは定型の評価基準を研究してしすぎることはないだろう。

定型にとっての評価基準は何なのか、
文章化されているものがあれば是非読んでみたい。
[PR]
by abcde354 | 2014-06-07 22:21 | 社会適応 | Trackback | Comments(11)

飲み会に参加するようになってきたのは良い傾向じゃないかな

「飲み会に参加するようにしてなってきたのは良い傾向じゃないかな」
大先輩とプロジェクト反省会をしていた時に大先輩から出てきた言葉だ。
しかし、自分はなぜ「良い傾向」なのかどうしても理解出来なかった。

飲み会に参加しても、自分は会話に加わらず一人で食べ物をツツイテいる時が多い。
特に大人数の飲み会ではその傾向が強い。
それでも「飲み会に出た方が良い」とはどういう意図なのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2014-06-03 00:20 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

リーダーが最重要視すべきことはメンバーのモチベーション維持?

ここの所、リーダーとは?マネージャーとは?
といったことが書かれている基礎本を読み漁っている。

本を読む中で
リーダーやマネージャーと呼ばれる職位が最重要視すべきは
「メンバーのモチベーション維持」?という仮説を得たのだが、
実際の所どうなのだろう。

アスペルガーが何故マネジメントでつまづくのか。
それは定型感情に通じたコミュニケーションが図れないため
メンバーのモチベーション維持が出来ないから、
という仮説に達したのだが、
検証するすべがなく考え込んでしまっている。
[PR]
by abcde354 | 2014-05-25 00:40 | 社会適応 | Trackback | Comments(8)

アスペルガーの誤学習の問題

アスペルガーライフBlogにて、
アスペルガーの就労の壁の一つとして誤学習の問題を取り上げていた。
全くに同意だった。

例えばこのような経験がある。

「空気読まない同僚が就労時間中に話しかけてきて困る」
という問題に対し、アスペルガーな自分は
同僚にストレートに「話しかけるな」と言う方法しか思い浮かばなかった。
しかし、ソーシャルワーカーの方は
「視線を合わせないことによって話しかけにくい空気を作る」
ことが重要だとおっしゃられた。
アプローチの仕方が全く異なるのだ。

自分のように行動したら軋轢を生むだけだろうが、
ソーシャルワーカーの方のように行動すれば上手く話をかわせるだろう。

アスペルガーの誤学習の問題は非常に根深いものがある。
誤学習を修正してくれる支援者の存在は本当に有難く思っている。
[PR]
by abcde354 | 2014-04-29 01:08 | 社会適応 | Trackback | Comments(6)

夕食は早めの時間に少量に抑えないとダメですね

昨夜23時過ぎに夕食を食べてしまった所、
今日は朝からずっと体がだるく、
カフェオレの缶コーヒーも甘く感じない状態で、きつかった。

その前の日は19時頃にコンビニのサンドウィッチだけを夕食としたので
昨日は目覚めもよく一日快適に過ごせた。

夕食は早めの時間に少量で済ませないとダメだと分かった。
[PR]
by abcde354 | 2014-04-23 23:29 | 社会適応 | Trackback | Comments(2)

会話をすると興奮してしまう

今週は色々な方と会話をさせて頂いた。
新人の頃にお世話になった方に久々お会いしてお話を伺ったり、
大先輩とランチミーティングをさせて頂いたり、
来月から遠くに赴任する前の上司にご挨拶に伺ったりした。

どのお話も大変有意義で考えさせられることが多かったのだが
困ったことが起きてしまった。
会話させて頂いた日は興奮してなかなか眠りにつけないのだ。
就寝時刻が遅くなるため睡眠不足になり、
コーヒーの力を借りて何とか1週間を終えた。

会話をしても興奮せずすぐ就寝出来る方法ないだろうか。
会話の回数を重ねて慣れるしかないのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2014-04-19 22:57 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)

前の上司への返信に迷う

今年は大きな区切りの年度末だったので、前の上司にメールを送ってみた。
有難いことに返信を頂いたが、その返信に対してもう一度返信すべきか迷っている。

やり取りの内容を要約するとこのようになる。


<自分のメール>
社会人生活振り返って2度もご指導頂く機会に恵まれたこと、本当に感謝している。
前の上司に出会えて人生観すら変わった。
前の上司に社会人の基礎の基礎をご指導頂けなければ、
今この会社で社会人生活送っていることもなかっただろう。
御礼を一言申し上げたくてメールさせて頂いた。

<前の上司からの返信>
自分は何もしていない。
成長するかはその人が問題意識を持っているかだろう。
成長する人は人の意見を吸収し適切に取捨選択して自分の力に変えられる人だ。
まさに君はそういう人だった。これからもそういう人でいてほしい。
自分の方こそ良い刺激を頂き感謝している。
これからもお互い成長し続けよう。



自分がもう一度返信するか迷っているのは
お礼に対して前の上司が「自分は何もしていない」と返してきたからだ。

移動中の電車や昼食をご一緒させて頂く中での一言、
そういうものですら前の上司の言葉は自分にとって勉強になった。
そこを伝えるかどうかを迷っているのだ。

「何もしていない」が謙遜であれば返す必要もないように思うが、
アスペルガー的に字義通り捉えるのであれば、
「『何もしていない』は違いすぎる!」となるため迷っている。
[PR]
by abcde354 | 2014-03-29 23:27 | 社会適応 | Trackback | Comments(14)

感触と結果の相違

先日試験で集団面接を受けた。

他の受験者に比べて自分には全く突っ込みが来ないので、
面接者に興味を持ってもらえなかったのだろう、
従って不合格だろうと解釈していた。

しかし、結果はトップ合格だった。

正直、何がトップ合格の要因かさっぱり分からない。
・簡潔に答えようとしたことなのか?
・他の受験者への突っ込みを注意深く確認して
 突っ込まれる要素を最初の説明時に説明したからか?
その程度しか思い浮かばない。

人を相手にする場面において
感触と結果が違いすぎるというのはアスペルガーらしいが、
定型はどうやって感触を掴んでいるのだろう?と同時に疑問にも思った。
[PR]
by abcde354 | 2014-03-20 20:39 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索