アスペルガー社会人のBlog

タグ:障害の定義 ( 3 ) タグの人気記事

アスペルガー症候群の「3つ組の障害」について補足

前回の記事で、アスペルガー症候群の「3つ組の障害」は、
1.社会性の障害
2.コミュニケーションの障害
3.想像力の障害

と書いた。
それに対して、3は想像力の障害というよりも
常同行動及び特異な興味への没頭集中ではないか、との御指摘を頂いた。

ご指摘の通り、確かに「常同行動及び特異な興味への没頭集中」とも言われているようだ。
自分が調べた範囲では、
「想像力の障害」は最近の呼び方で、
以前は「こだわり」や「常同行動」と呼ばれていたようだ。
http://www.nara-c.ed.jp/syokyo/as/pdf/3tuguminosyougai.pdf

手近にあった本をみても、
『あなたがあなたであるために』では「想像力の障害」、
『アスペルガー症候群・自閉症のあなたへ』では「いつも同じ遊びを好むこと」と書かれていた。

そして、想像力の障害と呼ばれるようになったのは、
こだわりや常同行動が想像力の欠如によるものだから、とのことだ。
http://www.autism.jp/asp/

「3つ組の障害」という主症状ですら、呼び名が変化している。
アスペルガー症候群が新しい障害であることを考えると、
また新しい研究成果が出てくることだろう。


以上、3つ組の障害について補足致します。
御指摘どうも有難うございました。
[PR]
by abcde354 | 2007-04-25 21:35 | 症状 | Trackback | Comments(2)

アスペルガー症候群とは何か

最近、アスペルガー症候群という言葉が独り歩きしているように感じる。
そこで、アスペルガー症候群とは何か、今一度確認しておきたい。

アスペルガー症候群は自閉症スペクトラムのの一種であり、
必ず「3つ組の障害」の問題がみられる。
1.社会性の問題
2.コミュニケーションの問題
3.想像力の問題

不器用なことや感覚過敏の問題を抱えていることも多い。
「心の理論」の問題を抱え、相手の気持ちを読む能力に欠けている場合もある。
但し、全てのアスペルガーがこれらの問題を抱えているわけではなく、
アスペルガー症候群の診断を受けていても、
抱えている問題は個々人で全く異なる。

参考:「アスペルガー症候群を知っていますか」
(日本自閉症協会東京都支部のホームページより)
[PR]
by abcde354 | 2007-04-24 00:27 | 症状 | Trackback | Comments(4)

アスペルガー症候群を診断出来るのは専門医のみ

最近アスペルガー症候群という言葉が独り歩きしていると感じる。
少々変わった人がいると、
アスペルガー症候群ではないか、とメディアですら疑念を呈する。

アスペルガー症候群を診断出来るのは専門医のみであること、
そして特に、
大人のアスペルガー症候群の診断は専門医ですら難しいこと、を
改めて確認しておかねばいけない。

少々変わった人がいたとして、
その人がアスペルガー症候群とは限らない。
単に相性が悪いだけかもしれない。
たまたまその人の苦手が
アスペルガーの症状と似ているだけかもしれない。

人をアスペルガーと決め付けてはならない。
アスペルガーと感じるのであれば、医者への受診を勧めてほしい。
アスペルガーは適切な治療と訓練により、
改善が見込めるものであるのだから。
[PR]
by abcde354 | 2007-04-23 00:39 | ひとり言 | Trackback | Comments(9)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索