人気ブログランキング |

挨拶で名前を出すと無用な敵をつくる

社内の数十人の前で挨拶をする機会が発生するので、原稿を書いて上司の上司に見て頂きました。

日頃のご指導に対する感謝を伝えるちょうどよい機会だと思い、上司の上司の名前を出した原稿を作った所、「俺は名前だされてメリットしかないけど上司は気持ちよくないよな。名前を出すと無用な敵を作ることになるから挨拶での固有名詞は注意した方が良い。直属上司の名前であれば問題ないけれどそれ以外はNGと考えなさい。今回であれば『○○部長をはじめ皆様がご指導くださったお陰です』というより『今まで関わってくださった上長や諸先輩方がご指導くださったお陰です』という言い方をしなさい。特に感謝したいのであれば懇親会で感謝したい方の所に行って『挨拶は○○部長の日頃のご指導への感謝の気持ちを込めました』と言えばいい。」とご指導頂きました。

良い話なので思いっきりお世話になっている人の名前を出してしまいたいと思いましたが、名前を出さなかった人への配慮が欠けていたようです。自分は時々今の上司に喧嘩を売るようなことを書いてしまうので(かつてXXという経験をメンバーとしてしたので、自分はメンバーに同じ経験をさせたくないと思い○○した、といった形で)提出物はひっかかると上司の上司に見て頂くのですが、今回も指導をしない上司へ無意識に喧嘩を売ってしまっていたと気づきました。また、上司の上司の名前をだして前の上司の名前を出さなくていいのかな?現在のラインでもないし名前出しにくくて困ったな、という悩みもありましたので、懇親会で個別に感謝しなさいと言われてそうすればいいのかと納得しました。

上司の上司のような多くをご指導頂ける方に出会えて本当に嬉しく、また感謝しかありません。

# by abcde354 | 2019-03-23 01:26 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

全体を見ないで判断してしまう

ここのところ、マネージャーとしては先輩ですが、年次的には後輩である方にダメ出しされる日々が続いています。

様々なダメ出しを受けるのですが、ようやく傾向が見えてきました。局所的なところにフォーカスしてしまい全体を見ないで判断してしまう、というのが全てのダメ出しに共通する要因のように思います。そのため優先順位の付け方を間違えたり、情報共有が局所的になったり、説明も細かなところから入ってしまって意味不明と言われたり、他の要因を考えずに解決策を考えてしまったり、という所になってしまっています。

後輩にいわせると、とうふは処理スピードが速いから今まで遠回りしても完遂出来たのだろう、しかしその遠回りを他の人にさせたら絶対に完遂出来ないとのことです。そうかもしれないと思います。

何故こう毎日毎日ダメ出しされるのだろうと思っていましたが、一つの要因が様々な事象として表出しているのかとわかってくると安心します。マネージャー職になってから何かが違うとずっと自信が持てずにいましたが、問題点がわかったからにはあとは改善あるのみです。

問題点をストレートに指摘してくれる後輩には本当に感謝しています。ストレートに指摘してくれるのでアスペルガーな自分も理解することが出来ます。


# by abcde354 | 2019-02-24 20:30 | 自己分析 | Trackback | Comments(1)

プロジェクトマネジメント業務での壁

久々の投稿になりました。心機一転背景デザインも変えています。2019年もよろしくお願いいたします。

久々の投稿になったのには2つの理由があります。一つはアスペルガー的悩みが最近少なかった事、もう一つはここに書くか悩んでいた事があったためです。

悩んでいた事というのは、仕事上でマネージャー職を拝命したことでした。現在は、採算管理や契約関連作業を含めたプロジェクトマネジメント業務にあたっています。

何故こちらに書くか悩んでいたかというと、プロジェクトマネジメントには全く自信がなかったことと、いつ役職を外れるかわからないという思いがあったことによります。今でもプロジェクトマネジメントに自信はありませんし、今でもいつ役職を外れるか分からない気持ちは強いですが、ありのままの自分をさらけ出すことが他のアスペルガーの皆様の参考になると思い返し、思い切って書くことにしました。


プロジェクトマネジメント業務に何故自信が持てないのかと考えていて、やはりコミュニケーションで壁にぶち当たっていると気づきました。配下メンバーとのコミュニケーション、お客様とのコミュニケーション、その2つが自分には壁のようです。

配下メンバーとのコミュニケーションでの壁というと、配下メンバーから言われたことが論理的に筋が通っていると一旦その場では納得してしまう所です。論理的には正しくともそもそも違う視点での考慮が必要なことに後で気づくので、配下メンバーに言うタイミングを逸してしまい自分で何とかするしかなくなってしまうことが多くあります。

お客様とのコミュニケーションでは利害不一致の場合が難しいです。相手の立場をその場ですぐに考えることが出来ないので瞬間瞬間で落としどころを探ることが出来ない、それでお客様と平行線をたどってしまい上司に電話が何度かかかってきました。今のお客様とはメンバー時代からの長い付き合いなので今の所やっていられているものの、このままでは新しいお客様の担当になったら一発でアウトになるとしか思えないです。


これらのコミュニケーションの問題が、努力すれば解決するものなのか、努力しても解決しないものなのか、が今一番悩んでいる所です。努力しても解決しないものだとしたらマネージャー職をし続けるのは周りに迷惑だとしか思えないからです。

相変わらず平日は22時に帰れれば早い方という生活をしているのでこの問題には小説を読めていないのも大きいとは思いますが、小説を読みまくったところで解決するのか?と考えてしまっています。


新年早々重い話題になってしまいましたが、引き続きご愛読いただけると有難く、よろしくお願いいたします。

# by abcde354 | 2019-01-13 22:23 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

行動なき成果はない

古くからの友人と久々に会った。
友人はメンタルを病んでいて何とかしたいと思っている様子だった。
しかし情報収集はするものの、それ以上の行動を起こしていなかった。

認知行動療法という言葉を知っていても、
病院に相談しに行って実際に療法を受けて見なければ成果はない。
アスペルガーという言葉を知っていても、
医師に診断を受け投薬なりカウンセリングなり受けなければ成果はない。
そこをわからず色々な友人に相談しても同じ状況であり続けるだろう。


友人を見ていてそう思ったわけだが、何でも同じことだと思った。

マネジメントが上手くなりたければ、
上手い人を真似るという行動に出なければ成果はない。
最初から上手く真似られなくても行動すれば次が見えてくる。
SEとしての技術力をつけたければ
プログラミングをしてみるでも資格試験を受けるでもいい。
試験に落ちても弱点がわかれば次が見えてくる。
とにかく行動しなければ成果にはつながらない。

行動なき成果はないこと、深く心に刻んで行動していきたい。

# by abcde354 | 2018-05-04 22:35 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

正しい努力とは何だろう?

努力なき所に未来がないのは明白だが、
正しくない努力をしても努力しないのと同じだろう。


では正しい努力とは何だろう?と最近考え続けている。

まず休日倒れるような努力の仕方は間違えだろう。
昨日(日曜日)18時間も寝てしまったのだが、
それは前週の生活リズムが崩れていたからだった。

前週は努力が足りないと非常に焦っていて
20時に退社出来た日でも22時まで喫茶店で勉強し
23時過ぎに帰宅するのを繰り返していたから
完全な睡眠不足になってしまっていた。

努力には量が必要といえども
倒れるまで努力するのは誤りだろう。


努力には方向性の問題もある。
上司の上司と話していたのだが、
今の自分は技術よりもマネジメント分野で
努力すべきだろうとのことだった。
置かれた立場を考えればそうなるだろう。


努力には質の問題もある。
足し算が出来ない子供に掛け算をやらせても無理なように
自分のレベルに合った努力をしなければ上達はしない。
自分のレベルを正確にとらえる事も重要だ。


質と量と方向性の合致した努力が行われた時、
初めて成果が出ると思っている。
今の自分にとって正しい努力は何なのか?
周りの話を丁寧に聴き、
自省することで”何”は得られるのだろうか。

# by abcde354 | 2018-04-16 22:51 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

記憶すべき物事が違う?

ヘルプデスクの電話番号をスラスラと口にしたら、
同僚達にかなり驚かれた。

定型の同僚達にとって電話番号とは
記録しておくもので
記憶しておくものではないらしい。

それで思い出したのだが、
数か月前、自分が新人の頃にご一緒した先輩に
当時使っていた共通プログラムの
プログラムIDをサラッと口にしたら、
そういうものは記憶する必要はない、
記憶領域を別のことに使ったほうが良い、
とご指摘頂いた。

アスペルガーな自分は定型の皆様とは
異なる観点で記憶してしまうらしい、
と思ったのだが、
では定型の皆様は何を重視して記憶するのか
今もわからないでいる。


# by abcde354 | 2018-02-09 23:53 | 自己分析 | Trackback | Comments(4)

聖徳太子みたいですね!

仕事中電話がかかってきて応対していたのだが、
その応対中に近くの席の同僚達がツッコミをしていた。

具体的に言うと、
「予定外の障害」という言葉を電話で言ったのだが、
障害に予定されたものはない!と同僚達は話していた。

自分もツッコミには納得出来るものがあったので、
電話応対直後、同僚に
「確かに予定された障害はないですね」
と話したところ、同僚から
「聖徳太子みたいですね!ツッコミが聞こえたんですか?」
と驚かれてしまった。

自分にとって、電話応対中に周囲の会話が聞こえるのは
ごく普通のことだった。
しかし、同僚にとっては普通のことではないと知った。
アスペルガーだと聞くものの取捨選択が出来なくて
何でも聞こえてしまう、と知識はあったが、
自分もそうなのかと改めてアスペルガーを感じた出来事だった。






第2回プラチナブロガーコンテスト



# by abcde354 | 2018-02-04 01:23 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

第二回プラチナブロガーコンテスト

迷いに迷ったが、
第二回プラチナブロガーコンテストの自由部門に
応募してみることにした。

プラチナブロガーに選ばれれば
編集部からのサポートが受けられるとのことで
よりわかりやすく、伝わるBlogを
書けるようになるのではないかと思ったからだ。

本Blogは累計アクセス数100万を超え、
非常に多くの方に見て頂いているが、
より読者の皆様に役立つBlogになりたい。

アクセスやコメントといったところで
本Blogを引き続き応援頂けたらとても嬉しい。


第2回プラチナブロガーコンテスト


# by abcde354 | 2018-02-03 18:57 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

ASDの「他人の感情の理解」には「読書」が有効

ASD当事者である栗原類さんのインタビュー記事の中に、
このような文章があった。
 自分の感情の表現、他人の感情の理解が不得意なことは大きな課題と話す。

「昔は他人を観察する力と、他人への興味が弱かったと思います。人の表情から感情を読み取るのが苦手で、どういう表情をしていいかわからない。お芝居をしていても、どう演じていいかわかりませんでした」

 悩んだ末にたどり着いたのが、“読解力”。

読書で筆者の伝えたいことを読み取り、描かれている世界を細かく想像する。ドラマや映画を見て気になる動きや表情を一時停止し、“この表情は何を表しているか”を考え、母の説明を聞いて理解し覚える。日常的にこんな訓練を繰り返しているのですが、コミュニケーション能力の向上はもちろん、俳優の仕事にもおおいに役立っています」

自分だけではないのかと思った。

小学生の頃、とにかく国語が出来なかった。
塾の偏差値40以下まで落ちたこともあった。
しかし、国語の先生の勧めで小説の読書を始め、
国語の偏差値は1年で70まであがった。
最も得意な社会よりも
偏差値・順位ともに良い時までありさすがに驚いた。

最近、全然小説が読めていないし、ドラマも見ていない。
とにかく時間を作り小説を読んで
他者の感情理解に努めなければいけないと改めて感じた。

# by abcde354 | 2018-01-14 12:41 | 社会適応 | Trackback | Comments(2)

ノイズキャンセリングイヤホン

そういえば、オーディオブックのために
SONYのノイズキャンセリングイヤホンを買った。
初めてノイズキャンセリングを買ったのだが
消音効果にびっくりしている。

ガタガタいう電車の音も、
家電量販店の大音量の宣伝音もほぼ聞こえない。
外出先でも静かな自宅の室内とほぼ同じ音量で
オーディオブックを聴くことが出来ている。

アスペルガーの聴覚過敏に
ノイズキャンセリングは良いと前から聞いていたが、
聴覚過敏でなくても優れものだと思った。

尚、ノイズキャンセリングイヤホン・ヘッドフォンは
様々な会社から発売されているので、
家電量販店で聴き比べてみる事をお勧めしたい。


ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WI-1000X : ハイレゾ/Bluetooth対応 最大10時間連続再生 カナル型 マイク付き 2017年モデル ブラック WI-1000X B

B0756H1WL3
ソニー(SONY) 2017-10-07
売り上げランキング : 2376

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
# by abcde354 | 2018-01-07 19:22 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。


by abcde354
プロフィールを見る