「“大人の発達障害”に向く仕事、向かない仕事」

ダイアモンド社のONLINE記事に気になるものがあった。
「成績優秀なのに仕事ができない“大人の発達障害”に向く仕事、向かない仕事」
星野仁彦・福島学院大学福祉学部教授へのインタビュー記事だ。

本記事で自分が気になった点は2つ。
1.ADHDやアスペルガーは一人暮らしを避けた方が良いということ。
2.ADHDとアスペルガーの適職が述べられていたこと。

全文無料で読めるので、ご興味あればご覧になってみてほしい。

「成績優秀なのに仕事ができない“大人の発達障害”に向く仕事、向かない仕事」
トラックバックURL : https://welladjust.exblog.jp/tb/17890013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by junseok at 2012-03-05 18:42 x
こんにちは。
確かに成績が仕事にイコールするわけではありませんが、成績が優秀というのはとても優れたポイントなのも事実だと思います。例えば対人関係で躓いても成績が優秀であったなら業務内容を覚えたりするのに優位に働きやすいのではないかと思います。それが文系の人間が技術と畑違いなら仕方ありませんが。僕は成績優秀な発達障害の人にそこは誇って良いと思います。今仕事は出来なくても成績優秀は立派な武器であると。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by abcde354 | 2012-02-29 23:13 | 社会適応 | Trackback | Comments(1)

成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。


by abcde354
プロフィールを見る